ファシリテーションの5つのステップ

ファシリテーションのステップ

steps
出典:blog.gettinghired.com
それでは、実際にファシリテーションを行う際、どのようなステップを踏めばよいのかを見ていきましょう。

ファシリテーションのステップ①雰囲気づくり

まずは、その場にいるメンバー全員が発言しやすくなるような雰囲気をつくっていきます。
議題は一旦横に置いておき、ファシリテーターが何気ない話題を提示することで、みんなの意識を話し合いの場に集中させます。
全員に一言ずつ話してもらったり、しりとりなどの簡単なゲームを行ったりするのもよいでしょう。
メンバーの気持ちがほぐれたら、この場が目指す目的と、発言におけるルール(発言者が話し終えるまで口を挟まない、少なくとも一度は意見を出すなど)を設けて共有しておきます。

ファシリテーションのステップ②意見出し

de-bono-meeting-facilitation
出典:www.debonoconsulting.com
発言しやすい雰囲気が整ったところで、いよいよ本題に関する意見を募っていきます。「拡散プロセス」とも呼ばれる段階です。
ファシリテーターは、出された意見をオウム返しすることで「あなたの話を聞いていますよ」という態度を示して発言者を安心させたり、それまでに出た意見とは反対の立場やより広い枠組みなどを提示することで違った観点からの意見をうながしたりしながら、より多くの発言を引き出していきます。
出された意見をホワイトボードなどに書きとめていくことも、ファシリテーターの役目です。

ファシリテーションのステップ③整理

Facilitation_web

出典:www.channeldynamics.com.au
ステップ②で出された意見を整理していきます。「収束プロセス」とも呼ばれる段階です。
ファシリテーターは、出された意見同士の共通項を探っていく方向にメンバーの意識を向けさせ、それぞれの発言を共通項ごとに分類していきます。
すべての発言を分類し終えたら、ファシリテーターは分類結果が適切かどうかメンバーに問いかけ、全員が納得していることを確認します。
もし、ここで納得できていないメンバーがいれば、見過ごすことなく納得できるまで話を詰めていきます

ファシリテーションのステップ④判断

Decision_Making1

出典:cheersys.com
ステップ③で整理した内容をもとに、最終的な判断を行っていきます。
ここで重要なのは、ファシリテーターが明確な判断基準を提示することです。
「最もメリットが大きく、最もメリットが少ないもの」「費用対効果が最も大きいもの」など、全員が納得できるような判断基準をもとに、望ましい結論を導き出していきます。

ファシリテーションのステップ⑤確認

Applauding-a-teammate-740
出典:laforceteamwork.com
最後に、ステップ④で出された結論に全員が納得しているかどうか、改めて確認をします。
その上で、出された結論を実行していくための具体的な行動を決めていきます。
「誰が」「何を」「いつ」行うか、という観点をもとに、きちんと成果が出るような行動計画を立てて初めてファシリテーションは完結します。

ファシリテーションまとめ

いかがでしたか?
ファシリテーションは仕事の効率を段違いに向上させるスキルです。
ぜひ、ファシリテーションスキルを磨き、日頃の仕事に活かしてみてください。
【関連記事】

おすすめの記事