> > > スティーブジョブズの名言スピーチを全訳しました!(英語原文付き)
トレンドニュース

トレンドニュース

スティーブジョブズの名言スピーチを全訳しました!(英語原文付き)

スティーブジョブズの名言スピーチ

スティーブジョブズの名スピーチと言われているのは、2005年にスタンフォード大学での学位授与式での、卒業生に送られたスピーチです。

ガンを宣告され、人生を違う視点から見つめることになった彼の、心に響くスピーチの全文を以下でご紹介します。

 About connecting the dots~点と点を繋げることについての名言

screenshot_248-100274514-orig

出典:http://i.ytimg.com/vi/Mk7AYIqE9Po/hqdefault.jpg

大変光栄なことに、私は本日皆さんと、世界で最も優秀な大学の一つの卒業式に同席しました。

実のところ、私は大学を卒業しておらず、これが私が今まで経験した中で、最も大学卒業に近い経験となります。

本日、私が皆さんに伝えたいのは、私が人生から学んだ3つの話です。

それだけです。大したことはありません。ただの3つの話です。

最初の話のテーマは、点と点を結ぶことです。

私がリード大学を退学したのは、(入学してから)最初の6ヶ月が過ぎてからです。しかし、それから18ヶ月もの間、モグリの学生として大学に居座り、そしてその後本当に大学を退学しました。

ではなぜ私は大学を辞めたのでしょうか。

ことの始まりは、私が生まれるよりも前でした。

私の産みの母は、若く未婚の大学院生だったため、彼女は私を養子に出すことに決めました。

彼女が強くこだわったのは、私を養子にするべき人物は大卒の親であるということでした。そのため準備万端に、産まれるとすぐ私を養子にすることになっていたのは弁護士とその妻だったのです。

しかし例外的に私が生まれた時に、弁護士夫婦が最後の最後に下した判断は、彼らが本当に欲しいのは女の子であるという判断でした。

そのため、私の(育ての)両親は、順番待ちのリストに載っていた人たちだったのですが、(育ての)両親は真夜中に電話を受け取り、(以下の質問に)答えたのです。

「予定外の男の子の赤ちゃんを授かりました。あなたは養子を希望しますか?」

彼ら(育ての両親)の返答は、「もちろん」でした。

私の産みの母が後から知ったことは、私の(育ての)母が大学を決して卒業しておらず、父は高校すら卒業していないということでした。彼女(産みの母)は養子縁組の最終書類に署名することを拒否しました。

彼女が数ヶ月後に折れたのは、私の(育ての)両親が約束した時でした、私を大学に行かせるという約束です。

これが始まりです、私の人生の(始まりです)。

そして17年後、私は本当に大学に入学しました。しかし、世間知らずの私が選んだ大学は、スタンフォード並に高い学費の大学だったので、労働者階級である両親の蓄えのうち全てが私の学費の支払いに使われそうでした。

6ヶ月後、私は大学に価値を見出すことができませんでした。

私が分からずにいたのは、何を自分が人生でやりとげたいのかと言うことであり、どのように大学がその答えを見つけ出すのに役立つのかということです。

それなのに、ここ(大学)に私はいて、使い果たそうとしていたのは私の両親が生涯で蓄えたお金すべてです。

それで私は大学を辞めることを決意し、信じたのは全てが上手くいくということでした。

そういった決断がとても怖かった当時ですが、振り返ってみると、私がこれまでにした最高の決断のうちの一つになっています。

というのも、大学を辞めた途端、興味を持てない必修科目を取るのをやめたのですが、モグリで参加し始めた科目がはるかに面白そうだったからです。

夢のようなことばかりではありませんでした。

私には学生寮の部屋がなかったので、友達の部屋の床で寝ていました。

私がコカコーラの瓶を店に返していたのは、5セントを受け取り、食べ物を買うためです。

そして毎週日曜の夜に7マイル(11キロ弱)歩き街を抜けたのは、ハレークリシュナ寺院で週に一度のご馳走にありつくためです。これはとても大好きでしたね。

そして偶然出会ったもののうちの多くで、好奇心と直感に従ったものは、後になってかけがえのないものだとわかりました。

ここで一例をご紹介しましょう。

リード大学は当時、おそらく国内最高のカリグラフィーの教育を提供していました。

キャンパスの至る所に見られるあらゆるポスターであれ、戸棚一つ一つに貼られたあらゆるラベルであれ、美しい手書きのカリグラフィが施されていました。

私は既に大学を退学していましたし、通常の授業を取る必要もなかったので、私が決意したのはカリグラフィーの授業を取りそれのやり方を身につけるということでした。

私が学んだものは、セリフやサンセリフの書体、いろいろな文字の組み合わせに応じ字間スペースを変えること、何が素晴らしいタイポグラフィーを素晴らしたらしめるのか、といったことです。

それは美しく、歴史があり、芸術的に見れば繊細さが科学では捉えられないほどであり、そして私はそれに魅了されたのです。

これらはどれも人生で何ら実践として役に立ちそうのないものばかりでしたが、その後10年経ち最初のマッキントッシュ・コンピュータを設計することになった時、この時の経験全てが私の中に蘇ってきました。

僕たちはその全てをmacに組み込んました。そしてmacは美しいフォント機能を備えた世界初のコンピュータとなったのです。
もし私が大学であのコースひとつ落第していなかったとしたら、複数書体も字間調整フォントもmacには入っていませんでしたし、windowsはmacの単なるコピーに過ぎなく、そういったパソコンは世界に1台として存在しなかったことになります。

もし私がドロップアウト(退学)していなかったら、あのカリグラフィのクラスにはドロップイン(寄り道)していなかったことになります。
そして、パソコンは現在のような素晴らしいフォントを兼ね備えていなかったのです。
もちろん大学生の私には、先々のことまで読んで点と点を繋げてみることなんて出来ませんでしたが、10年後振り返ってみた時、もの凄くハッキリと見えてきたのです。

もう一度言います。未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできません、君たちにできるのは過去を振り返って点と点を繋げることだけなんです。

だからバラバラの点だとしても将来それが何らかのかたちできっと繋がっていくと信じなくてはならないのです。

自分の根性、運命、人生、カルマ…何でもいい、とにかく信じることです。それで全てのことは、間違いなく変わるはずです。

次のページ >  愛と喪失についての名言
1 2 3 4 5 6