UXをデザインする


出典:gahag.net
スターバックスはコーヒーを売っているのではない。体験を売っているのだ

上のフレーズはスターバックスの元CEO ハワード・シュルツ氏が言ったものです。
最近では、UI/UXをデザインする、という表現も一般的なものとなってきました。
UXとはユーザーエクスペリエンスの略で、サービス・プロダクトによってユーザーが得られる体験のことです。

しかしなぜUXをデザインする必要があるのでしょうか?
どのようにUXをデザインしていけばよいのでしょうか?

今回はUX(User eXperience)に迫っていきます。
記事の後半では、UXデザインにおいて重要になる“3つのUX”について解説します。

UXとは? UXデザインとは?


出典:gahag.net
UXとはUser eXperienceの略で、ユーザー体験などと訳されます。
文字通り、ユーザーがそのサービス・プロダクトを通じて獲得する体験のことを指します。

このUXをデザインするのがUXデザインです。ユーザーの体験をデザインするわけです。

体験をデザインする」という表現に少し違和感を覚える人もいるかもしれませんが、意外と身近な概念です。
わかりやすい例だと、サプライズパーティーがあります。
どうすれば相手が驚いてくれるか、楽しんでくれるかを考えてプランを練る。この工程が「体験のデザイン」なのです。

すなわち、UXデザインは企業がユーザーにどんな体験を提供するのか考えることなのです。

UXとUIの関係


起業tv編集部作成
また、UXとUIはよく一緒にいる言葉です。この2つの関係も見ておきましょう。

UIとはユーザーインターフェース(User Interface)、ユーザーとプロダクト・サービスの接点のことです。簡単に言うと、「ユーザーが見える、操作できる部分」を指します。
UIの方がUXよりも一般的な言葉かもしれません。

UIデザインはUXデザインを構成する一部分です。
間違っても「UX=UI」ではありません。

UIをデザインすることは、ユーザーの体験に干渉するわかりやすい手段です。
UIデザインをすることのないUXデザインはあまりありません。

それゆえUIとUXを同列視してしまいがちなのです。
UIデザインはUXデザインの一部に過ぎないということを覚えておきましょう。

しかしそもそも、なぜUXをデザインする必要があるのでしょうか?

なぜUXをデザインする必要があるのか

実際、以前はUXデザインという言葉は使われていませんでした。

モノからコト消費の時代になった

一度は聞いたことがあるフレーズでしょう。これはUXデザインの必要性を示唆しています。

モノ(手段)からコト(体験)に焦点が変わったのです。
手段、すなわちソリューション単体だと容易に模倣される時代です。模倣されなくても代替となるソリューションが必ず存在します。

そんな環境の中、ユーザーに自社のサービス・プロダクトを使い続けてもらうためには、より包括的にユーザーの体験をデザインする必要性が出てきた、というわけです。


UXデザインの流れ


起業tv編集部作成
さて、ではUXデザインの方法についても考えていきましょう。

UXデザインは大きく2つの工程に分けることができます。
1つ目は、「ユーザーを分析し、体験を設計する」こと。
2つ目は、「設計した体験が実際に得られるようなプロトタイプを作る」ことです。

UXデザインには様々な手法が存在しますが、ここでは「ペルソナ」「カスタマージャーニー」「UXブループリント」を見ておきましょう。

「ユーザーを分析し、体験を設計する」はインタビューやテストによって行われます。
そのためには当然「ペルソナ」が必要になってきます。
UXデザインの前にまずはペルソナつくりましょう。

次に役立つのが「カスタマージャーニー」です。
カスタマージャーニーとは、ユーザーがある目標を達成するまでの行動・思考・感情の一連の流れを示し、その中でサービス・プロダクトとのかタッチポイント(接点)を探すものです。
カスタマージャーニーを使うことで、UXをより詳細にイメージすることができます。

最後のUXブループリントは、プロトタイプを作るための設計図です。ブループリントというのは「青写真」を指しています。

UXブループリントの作成方法はいろいろなものがあります。
基本的な流れは以下のようになっています。
① インタビューやカスタマージャーニー、プロトタイプカンバンボードなどを通して得られた「提供したいソリューションの構成要素」を集める
*「ソリューションの構成要素」の例:ログインする、課金でバージョンアップする、広告を見る

②  「ソリューションの構成要素」をカスタマー目線で構造化する
③ 構造化した「ソリューションの構成要素」をプロダクトに落とし込んでいく

UXブループリントができたら、実際にプロトタイプを作っていきます。
プロトタイプを見ながら、さらなるUX改善を図っていきましょう。

さて、ここまででは触れてきませんでしたが、UXデザインにおいてもう1つ知っておくべき事実があります。
UXは1つではない、のです。

おすすめの記事