2015年6月23日、中古の高級ブランド品・宝飾品を、委託販売するサイト「retro.jp」を運営している株式会社retroは、ベンチャーユナイテッド株式会社が運営するファンドから資金調達を実施した。資金調達額は非公開。調達した資金は、中古ブランド品の委託販売サイト「retro.jp」の人材採用、取扱い商材・販路拡大に充てられる見込み。

ライターの視点

株式会社retroは、中古の高級ブランド品・宝飾品を、委託販売するサイト 「retro.jp」を運営している。
買い取り店での査定金額に満足できなかった人々が主に出品しており、芸能人やスポーツ選手なども利用している。
このサービスを使えば、より高額な値段で、中古ブランド品を売ることができる。
スクリーンショット 2015-06-26 10.41.10
出典:https://retro.jp
 
例えば、5年前に10万円で購入した商品と同程度のものが、街の中古品店やネットショップで5万円で売られているとする。
その場合、街の買い取り店やネットショップでの査定額は、およそ1万円前後であることが多い。
「retro.jp」を使用すれば、サイトで他の人に売れた金額の60%以上が出品者に入る仕組みとなっている。
また、買い取り店などと異なり、「retro.jp」は在庫リスクが無く、店舗を持たずインターネットだけでサービスが提供されている。
そのため、売り手にも買い手にも効率的なサービスとなっている。
スクリーンショット 2015-06-26 10.30.12
 
今回の資金調達の決め手は、「retro.jp」がブランド品の出品者がより高額な収入を得ることを可能にしたことである。
というのも、従来の中古ブランド品サイトでは、出品者の期待よりもかなり安い値段で買い取られていたため、購入者の出品意欲も乏しかった
「retro.jp」ではこれが改善されて出品者にとって出品しやすいサイトになり、自然と商品の品数も増えた。
それが結果として購入者の販売意欲の増大に繋がったのである。
 
ブランド品がお手頃な値段で購入でき、品数も多い「retro.jp」は、これからもバーゲン好きな女性の心をくすぐるであろう。

会社概要

株式会社retroは、企業理念として「ファッションやショッピングの楽しさを提供できるよう努力 」し、「社会から信頼される企業になることを目指して」いる。また、中古の高級ブランド品・宝飾品を、委託販売するサイト「retro.jp」を運営している。
2014年5月20日設立、本社は東京都渋谷区にあり、代表者は鈴木信吾氏である。
 
retroについて詳しく知りたい方はこちら
プレスリリースはこちら

おすすめの記事