ジョコビッチの「生まれ変わる食事」とは

現役トップテニスプレイヤー、ノバク・ジョコビッチ。
彼は著書「ジョコビッチの生まれ変わる食事」の中で、食事法を変えたことで強くなれたと語っています。
51cTxBiCgDL._SX338_BO1,204,203,200_
出典:www.amazon.co.jp
食事法を見直すことで、頭が冴えたり、体のだるさが消えたりと、スポーツにも仕事にもいいことが起きます。
ジョコビッチの例を見ながら、食事の大切さについて考えていきましょう。

ジョコビッチとは?

筆者は大のテニス好きです。筆者からすれば、ジョコビッチという名前を聞いただけで顔やプレーしている姿が頭に浮かびます。
しかし、この記事をご覧の皆さんが彼のことを知っているわけではないでしょう。
ここで簡単に、ジョコビッチについてご説明します。
 
ジョコビッチはセルビア出身のプロテニスプレイヤーで、2016年4月現在世界ランク1位です。
2011年頃に初めて世界ランク一位になってからは、世界のトッププレイヤーとして常に第一線で活躍しています。
Novak Djokovic
出典:zeenews.india.com
特に2015年の活躍は目覚ましく、グランドスラム優勝3回(全豪・全英・全米)、準優勝1回(全仏)、という圧倒的な強さで他を寄せ付けませんでした。

今までのジョコビッチ

そんな絶対的王者も、ここに至るまでにはたくさんの苦悩があったのです。
42030465.cms
出典:articles.economictimes.indiatimes.com
ジョコビッチは2004年にプロデビューし、着々と力をつけ、2007年には世界ランク3位にまで上り詰めました。
しかし、その時のテニス界は2強時代でした。
ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルです。
大きな大会のほとんどでこの二人が優勝準優勝を勝ち取っており、ジョコビッチの付け入る隙はありませんでした。
さらにジョコビッチは試合中に突然来る腹痛や、体力の消耗などに苦しめられていました。
 
そんなジョコビッチはどのようにして世界ランク一位にまで上り詰めたのか。
そのきっかけは食事法でした。

食生活の改善

突然来る腹痛など体の異常が増えたジョコビッチは、ある博士の助言の下、グルテンフリー生活を始めることにしました。
10382823_993017467397939_5382891843956769069_n
出典:novakdjokovicfanclub.com
グルテンフリーとはグルテンという植物性たんぱく質を排除した食生活のことで、主に小麦やライ麦などを含んだ食品を口にしないことを指します。
ジョコビッチは試しに2週間この生活を続けたところ、体が軽くなり、腹痛などもなくなったそうです。
この結果、彼はグルテンを消化することが困難なグルテン不耐症だった事が判明しました。
この生活を始めたことでジョコビッチはスタミナなども持続するようになり、世界ランク一位にまでなれたのです。
 
しかし、全員が彼のようにグルテンフリーを続けると体の調子が良くなるわけではありません。
その人に合った食事、合わない食事を見分けることが大切です。
ジョコビッチは体を冷やさないために室温の水を飲むことを心がけたり、ゆっくりとよく噛んで食事をすることを心がけたりしています。
これらのことは私たちにも簡単に実践できることではないでしょうか。

ジョコビッチの食事法を学んで

ビジネスパーソンの皆さん、仕事のストレスから暴飲暴食を繰り返していませんか?
気持ちはお察しします。
しかし、体が資本なのはスポーツマンもビジネスパーソンも同じです。
自分に合った食事を適切な量、適切な時間に摂取することを心がけましょう。

おすすめの記事