> > > 松下幸之助の名言10選【仕事編】
トレンドニュース

トレンドニュース

松下幸之助の名言10選【仕事編】

みなさんは松下幸之助という人物をご存知でしょうか?

この方は、日本を代表する電機メーカー「松下電工(現パナソニック)」を一代で築き上げた経営者であり、「経営の神様」と称されるほどの偉大な人物です。

今回は『仕事編』と題し、読めば思わず仕事に対するモチベーションが上がるような、松下幸之助の生涯における名言10選をご紹介します。

【経歴】

9歳の時に父が米相場で破産したため、尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。

16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。

その後同社を退社して独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で松下電工を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。また松下政経塾やPHP研究所の設立者でもある。

松下幸之助の名言

7f6913471e3891b10122d804983b0cc0_s
(写真AC)

『いかに優れた才能があっても、健康を損なってしまっては十分な仕事もできず、その才能もいかされないまま終わってしまいます。

では、健康であるために必要なことは何かというと、栄養であるとか、休養とかいろいろあるが、特に大切なのは心の持ち方です。

命をかけるほどの熱意を持って仕事に打ち込んでいる人は、少々忙しくても疲れもせず、病気もしないものです。』


549eabcd97a65d9d4193ae8f1e1581f9_s
(写真AC)

『すべての人を自分より偉いと思って仕事をすれば、必ずうまくいくし、

とてつもなく大きな仕事ができるものだ。』



898474c82c4015abe7438cda9f49e2ef_s
(写真AC)

『現在与えられた今の仕事に打ち込めないような心構えでは、

どこの職場に変わっても決していい仕事はできない。』

 

acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719_s
(写真AC)

『なすべきことをなす勇気と、人の心に私心なく、耳を傾ける謙虚さがあれば、

知恵はこんこんと湧き出てくるものです。』

 

580b3720f5770b5ecb7ea999b8435be5_s
(写真AC)

『仕事が伸びるか伸びないかは、世の中が決めてくれる。

世の中の求めのままに、自然に自分の仕事を伸ばしてゆけばよい。』

 

6cab74a6fe1894b96d21542e1f38ed02_s
(写真AC)

『自分の仕事は、人の助けなくして、一日も進み得ないのである。』

 

fc7c919ebbaee285418b7b2864d9031d_s
(写真AC)

『苦難がくればそれもよし、順調ならばさらによし、という心づもりを常に持ち、

人一倍の働きを積み重ねてゆくことが大切だと思う。』

 

8f79749597a622ad4c1a2fecf9f69cb4_s
(写真AC)

『仕事には知恵も大事、才能も大事。

しかし、もっと大事なことは、些細と思われること、平凡と思われることも、

疎かにしない心がけである。』

 

f1e6abda74c48b8189fe4a1b8fe41880_s
(写真AC)

『人より一時間余計に働くことは尊い。努力である。勤勉である。

だが、いままでよりも一時間少なく働いて、いままで以上の成果を挙げることもまた尊い。

そこに人間の働き方の進歩があるのではないだろうか。』

 

8e0f2c9810196080f0c33a4883121e89_s
(写真AC)

『人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。

けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、

それこそ恥ずべきことである。』

 

以上、松下幸之助の名言10選をお届けしました。心に突き刺さる言葉がありましたでしょうか?
ハッと気付かされたものがあれば、ぜひ実行してみてください。