> > > Microsoft創業者・ビルゲイツの名言4選
トレンドニュース

トレンドニュース

Microsoft創業者・ビルゲイツの名言4選

マイクロソフトを創業し、世界一の企業に成長させたビルゲイツ。

世界有数の億万長者としても知られている彼は、現在、自身が創設した慈善団体を運営しています。

そんなビルゲイツの言葉は多くの人の心に響いています。そこで今回は、選りすぐりの名言を4つご紹介します。

ビルゲイツとは?

Harvard-wider

出典:http://meor.org/wp-content/uploads/2012/07/Harvard-wider.jpg

彼は、ハーバード大学の学生でした。在学中に、ポール・アレンと共にマイクロソフト社を設立し大学を中退します。

マイクロソフトは、ソフトウェアメーカーとしては世界一の企業に成長し、20世紀において最も成功した企業のひとつに数えられるようになりました。彼はそこで数十年にわたりチーフ・アーキテクト、そして会長職をつとめました。

個人資産世界一を誇る資産家でもあり、現在は、慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」のオーナーとして、その運営に力を注いでいます。2005年3月には、英国女王エリザベス2世より「名誉ナイト」(KBE)の称号が授与されています。

ビルゲイツの名言

ここからは、ビルゲイツの名言・格言を見ていきましょう。

ビルゲイツ

出典:http://www.alterna.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2011/12/CA02XXVI.jpg

私は大学で1番になったことは一度もなかった。しかし今は、最高峰の大学の首席たちが私の下で働いている

これは事業に成功したしたビルゲイツだから言えるです。「会社の部下として首席たちが働いている、いくら首席でもこれまでに私を超える秀でた人材が出てきていない」という自信に満ちた名言といえます。

現在、いわゆる”落ちこぼれ”と言われるような状況にあっても、これから先はどうなるかわからないという、未来への希望を感じさせてくれます。

 

”オタクには親切に。あなたたちは、いつか、彼らの下で働くことになるでしょうから”

オタクを敬遠する風潮は少なからずあります。ビルゲイツもそう思われた時期があったのかも知れません。

しかしオタクはある意味、飽きることなく熱心に1つのことに打ち込める才能を持っているとも言えます。そういった人物が将来、その分野の専門家となることも十分にありえるでしょう。

そうして将来、「オタク」の下で働くこともあるかもしれないので親切にしておいた方いい、ということなのです。

 

sunday4

出典:http://projectx.2bvision.com/Gallery/56/sunday4.jpg

”時間資源の割り当てという面でいえば、宗教が能率的とはとてもいえない。日曜の朝には、もっといろいろなことができるはずだ”

クリスチャンであるビルゲイツ。日曜日は安息日なので、おそらく小さい頃から聖書を読んだり協会の礼拝に出かけたりしてきたのでしょう。

1つのことに対して多くの人が一緒になって時間を使うことも大切ですが、「その時間にそれぞれが好きなことをやることで、また違ったことを学びを得ることができるのに」と小さいながらに考えていたのかもしれません。

 

”成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ”

失敗を繰り返しながら大きく成長していったビルゲイツだからこそ、こう言い切れるのでしょう。

成功すれば多くの人が祝福してくれます。しかし失敗をした時こそ、そこに大きく成長できるヒントが隠されているのです。成功体験に依存し、失敗を振り返らないようになってしまえば、そこから能力が伸びることはありません。

まとめ

世界のトップ企業を創り上げたビルゲイツ。

その体験・自信に基づいた言葉の数々は、大変含蓄のあるものばかりです。

これらの言葉を実行に移し、未来の可能性を自分の手で切り開いていってください。

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」