> > > IT関連人材の育成で起業、イマジンプラスに学ぶ「信頼獲得の方法」とは?
トレンドニュース

トレンドニュース

IT関連人材の育成で起業、イマジンプラスに学ぶ「信頼獲得の方法」とは?

働く女性が起業したり、女性ならではの視点からサービスを展開したりするということもあります。

以下でご紹介する笹川氏のきめ細やかなサービスを提供する視点やビジョンは、女性経営者ならではと言ってもいいでしょう。

今回は人材輩出事業を行う株式会社イマジンプラスを立ち上げた、笹川祐子氏の魅力に迫ります。

30歳を目前に起業を決意

o052506401361873130679

“入社後も毎日遅くまで働きながら新規事業を模索し、常にビジネスチャンスを伺っていました。そしていよいよインターネットの時代が到来すると思ったので、その周辺のサポートビジネスを始めよう!と新規事業を立ち上げたのです”

30歳目前まで、急成長を遂げていた企業で毎日バリバリ働いていた笹川氏。忙しく働く女性にも起業するチャンスはあるということがわかりますね。

上場を諦めざるを得なかった、リーマンショック

08

“創業3年目には、人や組織のことで大変な苦労をしました。会社として最大の危機を迎えたのは2008年、世を騒がせた世界的金融危機、リーマンショックの時でしょう”

リーマンショック直前に上場の準備をしていましたが、リーマンショック後には毎月の売り上げが下がる一方で、上場を諦めざるを得なかったと語っています。

“『今日は○○銀行さんから2億円の融資を受けました。経営は決して楽ではありませんが、すぐに潰れることはありません。現金は潤沢です。だから安心して下さい

笹川氏は銀行からの継続融資の数字を公表し、その日のうちに社内でリリースすることによって、会社が潰れるのではないかと心配していた従業員たちに安心感を持たせました

その結果、士気が高まり、経営も黒字をキープすることができたそうです。トップとしての配慮が見て取れます。

女性ならではの視点で信頼を獲得

s0

“当たり前のことが、慣れてくると次第に疎かになるんですね。私たちはこういった細やかな気遣いや丁寧な対応を常に心がけることにより、お客様からの信用を得られ、たくさんの方の応援を頂くことができました”

企業は存続することが難しいと言われますが、それは「慣れ」が影響しているのだといいます。

多くのお客様からの信頼の獲得は、女性ならではの細かい視点で経営を行ってきたことの賜物だといえるでしょう。

「細かな気遣いや丁寧な対応」は強く意識すれば誰でもできることです。

信頼を獲得するための一つの方法として、ぜひ参考にしてみてください。

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」