> > > ピクスタ・古俣代表①日本最大級の写真素材投稿・販売サイトを生んだ男が語る”学生時代の過ごし方”
起業の決断

起業の決断

ピクスタ・古俣代表①日本最大級の写真素材投稿・販売サイトを生んだ男が語る”学生時代の過ごし方”

今回のインタビューは、ピクスタ株式会社代表取締役の古俣大介さんにお話をうかがいました。

(インタビュアー:菅野雄太、撮影者:高田梨菜)

経歴

1976年9月生まれ。多摩大学在学中に、コーヒー豆のEC販売、女性向け古着販売を開始。その後大学4年次に株式会社ガイアックスにインターン入社。正社員入社後、営業マネージャーとして2つの新規事業部を立ち上げた後、2000年9月に子会社の立ち上げに参画、取締役に就任。

2002年1月に有限会社万来設立。飲食店舗向け販促デザイン事業を開始。

2003年3月に撤退し、美容健康グッズのEC事業を開始。2年後に年商1億円となる。

2005年8月、株式会社オンボード(現、ピクスタ株式会社)設立し、2006年5月からマイクロストックフォト「PIXTA」の運営を開始、現在に至る。

日本で最大級の素材マーケットプレイス『ピクスタ』

当社は『ピクスタ』という写真素材イラスト素材動画素材のマーケットプレイスのサイトを運営しておりまして、誰でも作品を投稿して素材として販売できるというものです。

今サービスをスタートして約9年経ち、投稿者は16万人、購入されるお客様は約20万人にご登録いただいていて、日本では最大級の最大級のサイトとなっております。

今、全スタッフあわせますと90名弱おります。

今後はメインの事業である素材マーケットプレイス『ピクスタ』をさらに国内でも伸ばしていき、海外の展開も最近は非常に注力しております

経営者の両親の元で育った幼少期

両親はそれぞれ違う会社を経営しておりまして、小さい頃から商売や経営の話を聞きながら手伝いもしていたんですけども、そういった環境で育ってきましたので、非常に会社の経営や商売が身近にあった環境だったというのがあります。

僕の両親は日々前向きに、楽しそうに仕事に行く姿を常に見ていたので、「こういう人生送るのもいいな」という印象を持っていたんじゃないかと思います。

コーヒー豆のECサイトで学生起業

学生の時は経営とかコンピューター系を学べる大学に行ったんですけども、20歳の時に本気で起業しようと思いまして、そこから約2年くらい準備をして、個人事業としてコーヒー豆のECサイトを自分で立ち上げたことが学生時代にやっていたことですね。

僕が大学生になったくらいの時に、ちょうどインターネットブームが日本に起きまして、これで社会が大きく変わっていく、新しいいろんな事業が起こっていくだろうと言われていました。

僕もやるならインターネットで起業したいというふうに思い、自分でまずできることは何かということで、両親が小売業をやっていたことと、親戚がコーヒー豆を扱った商売をやっていたという関連で、まずはコーヒー豆をECで売ってみようというところの発想から始めました。

「エキサイティングな人生」を

起業しようと思ったのは、1995年とか1996年頃にソフトバンクの孫社長に関する本が初めて出版され、それをその時読んですごいシビれまして。

世の中こんなすごい起業家がいて、世の中にこういったインパクトを与えられるのかと。

自分もここまでは及ばないかもしれないけどそういった「エキサイティングな人生を送ってみたい」「世の中にこんな事業で大きな価値を生み出してみたい」という想いが持てましたので、孫社長の本や生き方、存在が一番僕に影響を与えてくれていたかなと思います。

学生は失敗しても失うものが特にない

やはり社会人経験がなく何もわからないまま始めますので大変なこともあるんですけども、逆に言うと失うことも特にないです。

失敗してもまた学生に戻ればいいというところもあると思いますので、特にリスクもなくいろんなことを思いっきりやれる環境とか自由にやれる環境は非常に魅力があるんじゃないかなと思いますね。

今起業するなら

今の時代でいうと、スマートフォンとかソーシャルメディアは成長分野になりますので、自分でやるとしたら何かしら世の中に価値を生むとか、課題を解決するようなスマートフォンアプリをやるかなと思います。

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

1 2