> > > 史上最年少で上場した企業の舞台裏、広報・IR担当者の使命とは:リブセンス・真鍋氏
ベンチャーで活躍するCXO

ベンチャーで活躍するCXO

史上最年少で上場した企業の舞台裏、広報・IR担当者の使命とは:リブセンス・真鍋氏

今回はインタビューでは、リブセンスの広報・IR担当の真鍋順子氏に、「広報・IR担当として力を入れた業務」や「情報発信で意識していること」、「広報・IR担当としてのやりがい」などについて、菅野(起業tvディレクター)が伺いました。

経歴

1977年香川県生まれ。2000年立命館大学産業社会学部卒業。証券会社にて営業を担当後、カナダに留学。現地ビジネスカレッジにてマーケティングを専攻。帰国後、IR支援会社に入社し、IT・食品・不動産など幅広い業種のIRコンサルティングに従事。IT関連企業のIR担当を経て、2011年リブセンス入社。広報IR担当として、IPOやメディア・投資家対応、開示資料・広報IRツール作成など、社内外への情報発信に関わる全業務に従事。

事業内容

リブセンスは、ユーザー・顧客企業・当社の全てにメリットのある「成功報酬型ビジネスモデル」を活用し、求人・不動産などのインターネットメディアを運営しています。
2006年の設立以降、サービスの企画・サイトデザイン・システム開発・Webマーケティング・運営・顧客サポートまで全て内製化しており、ノウハウの蓄積によってユーザビリティの高いサービス開発を実現しています。
2014年6月現在、リブセンスのサービスは、関東地方を中心とした11,000社を超える企業様に情報掲載いただいており、月間約1,000万人のユーザーの皆様がご利用下さっています。
リブセンスでは、2018年を最終年度とする中期経営計画の達成に向け、既存事業のシェア拡大はもちろんのこと、出資・事業提携・M&Aを含めた積極的な新規事業の開発に取り組んでいます。新しい「あたりまえ」をご提供し続けられる企業となるべく、進化してまいります。

広報・IR担当者として入社した経緯(3:41~)

IPOの経験と部門立ち上げで得られるキャリアアップ

入社したのは2011年の6月です。ちょうどリブセンスが上場の準備をしている状況でした。IPOが経験できるということと、それまで広報・IRの部門がありませんでしたので、一から部門を立ちあげられることがあって、いいキャリアアップになると考え入社をしました。

上場に向けて広報・IR担当として力を入れた業務(4:13~)

エクイティストーリーを作ることへの注力

上場するにあたってどのように投資家の方であったり、資本市場の方、もしくはより幅広くステークホルダーになっていただける方たちに、リブセンスのこれからの成長であったりとか、何をやっている会社かを、ストーリーとしてすぐに頭に入ってきやすい、ご理解していただきやすいようなエクイティストーリーを作るというところがまずひとつ大変だったところかと思います。

 

情報発信で意識している事(4:50~)

どんな状況でも変わらない姿勢で情報発信

ベンチャーなので良いときもあれば悪いときもあります。良いときに関しては情報発信をしやすいですが、悪いときであっても、どんなときであっても変わらない姿勢できちんと情報発信をすることが大事だと思っています。

広報 IR担当者としてやりがいを感じる瞬間(6:02~)

上場後初めての踊り場局面。だからこそ会社として一歩ずつ進んでいる事を伝える。

上場後初めて踊り場局面にある状況です。そういった状況だからこそ広報・IRの手腕が問われるときだと考えています。きちんと状況をご説明する機会を増やすべく、例えば説明会を決算後にきちんと行い、決算説明会で出た質疑応答の内容はこれまで公開してこなかったのですが、広報のブログできちんと公開させて頂いています。会社として一歩ずつ進んでいるという事を皆さんにご理解頂けるようにそういった機会を設けるようにしています。

ベンチャーを志望する人へ(7:57~)

変化・スピード感を楽しめる人はベンチャーへ

ベンチャーの場合ですと変化も激しいですし、アップダウンもかなりあります。スピード感もかなり大切になりますので、そういった事が楽しいと思える方であればベンチャーをぜひ志して頂ければと思います。
会社とともに成長したいですとか、リブセンスとともに成長していきたいと思われる方はぜひリブセンスの採用HPをご確認ください。

編集後記

真鍋氏とお会いするのは2回目で、1回目は弊社主催のWestboosterでのゲストスピーチでした。その時は「女性のキャリア、ベンチャーで働く魅力」について話していて、非常に流暢なプレゼンテーションだったことを記憶しています。

今回のインタビューを通じて、真鍋氏が物事に対して真摯に取り組んでいる方だと実感しました。映像では確認できませんが、手元の資料にはメモがたくさん書かれていて、準備をしっかりしてくださったのだと伝わってきました。

今回は広報・IR担当としての話がメインですが、Westboosterブログでは、真鍋氏の考えや価値観について語っていただいています。こちらのブログもぜひご覧ください。

Westboosterブログはこちら
http://blog.westbooster.com/?p=1231