8月21日、レジャーマッチングのvivit株式会社(以下、ヴィヴィット)は、ベンチャーユナイテッド等から資金調達に成功した。引受先はベンチャーユナイテッド株式会社とインキュベートファンドで、調達額は3,000万円。調達と同時に、ウェブサービス「vivit」のβ版をオープンした。
ヴィヴィットは「いってみたい!あそびに誘われて、友達と遊びにいけるサービス」である。遊ぶ人も目的も決まっておらず、気になる企画が友達同士、または知らない人同士でレジャーに参加することができる。trippieceのような旅仲間を集めるサービスより、もう少しお手軽イメージだ。会社の設立は2014年1月、本社は東京都渋谷区にあり、代表取締役は水谷寿美氏である。
このサービスはFacebookと連携していて、友達がどの企画に「行ってみたい」と思っているのかが見えるようだ。また、「マブダチ機能」という組み込まれていて、企画が成約につながりやすい仕組みができている点は勉強になる。しっかりKPIを達成するために導線も考えている点は、ぜひとも参考にしてほしい。

おすすめの記事