一台のコンピューターが彼を魅了した

彼を魅了したのは、一台のコンピューターでした。それがプログラミングを学ぶきっかけだと彼は語ります。
 
I was among the first cohort of kids to grow up with computers
 
私は最初の支持者のうちの一人であり、コンピュータとともに育ったのです。
 
Slackを作り上げたのは、ケンブリッジ大学で修士過程を終了した、一人の天才でした。しかし、彼が事業を成功させたのは、事業の衰退期です。
 
Be less busy
 
ゲームビジネスからスタートにもかかわらず、その失敗の過程での正しい転換、これがSlackの始まりです。

Stewart Butterfield氏とは?

Stewat Butterfield氏は、哲学の分野に関して、1996年にビクトリア大学で学士を取得し、1998年にはケンブリッジ大学で修士を取得します。
 
そしてインターネットが爆発的にヒットし始めた頃2000年には、友人とスタートアップを経験します。最初は順調にスタートを切ることができました。
150216_maxim_stewartbutterfield_453
出典: carloricci.com
しかし、その後立ち上げたオンラインゲーム会社は、9.11の直後だったこともあり、ビジネスは成功しませんでした。そしてその後、FlickrやYahooにジョインするものの、結局退社します。

失敗の中に成功の鍵があった

FlickrとYahooの後、Glitchというゲームを提供するTiny Speckという会社を友人とともに立ち上げます。
images-1
出典: blog.longreads.com
しかしStewart Butterfield氏は、Tiny Speckは間違ったテクノロジーの選択を行い、Glitchは多くの人には理解されないと断言しました。
 
そしてTiny Speckの衰退期に、彼はエンジニア間のコンミュニケーションを改善しなければならないと悟ります。これがStewart Butterfield氏にとっての転換点です。
Be less busy
04-1848x1200
出典: carloricci.com
どうすれば円滑なコミュニケーションを取ることができるのか。自身のビジネスでの失敗、これこそが新しいアイディアを提供しました。
 
チームのメンバーとのコミュニケーションを改善したい、それが今ではSlackと呼ばれるツールです。

Slackを成長させ続ける

Slack is much, much bigger than Flickr was(Slackは、とても、そう、とてつもなく大きいのです、かつてのFlickrよりもね)」
 
Slackを初めて2年以内に、1億2500万人が毎日アクセスするサイトとなり、年間3500万ドルの収益を獲得することができるようになりました。
 
しかし始まりは決して、成功からのスタートではありません。失敗の中から、成功への方程式を導き出したのです。
 
自身が所属していたスタートアップをも超える勢いで成長させ続けるStewart Butterfield氏。彼の今後に期待です。

おすすめの記事