岩田聡氏が築いた任天堂

スクリーンショット 2015-12-03 2.37.52
出典: http://damonge.com/p=6329
世界を代表する日本企業、任天堂。多くの人が、一度は任天堂の製品を使用したことがあるのではないでしょうか。
任天堂は、マリオというキャラクターだけでなく、WiiやDSといったデバイスなどの数々のヒット商品を世界に送り出してきました。
そんな任天堂ですが、創業当初は実は「花札」の会社だったということをご存知でしょうか。誰も花札の製造会社がこれほどの会社にまで伸びるとは想像できなかったことでしょう。
そんな任天堂がゲーム市場に進出し、現在の地位を確立できたのは、岩田聡元社長を切り離しては語れません。
岩田聡元社長は、「星のカービィシリーズ」や「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」を生み出してきました。
今回は、任天堂を現在の地位にまで引き上げた岩田聡元社長について追ってみたいと思います。

岩田聡元社長の生涯

岩田聡元社長の略歴

岩田元社長は1959年12月6日に北海道札幌市にて誕生し、東京工業大学工学部を卒業しています。
また、HAL研究所の代表取締役社長に1993年に就任し、2002年には、任天堂の代表取締役社長に就任しました。
そして2015年7月11日、任天堂の社長職に就いたまま、胆管腫瘍のために亡くなりました。
ちょうど任天堂がスマホのゲーム市場にDeNAとの共同開発という形でようやく乗り出そうとしていた矢先のことです。
岩田元社長は社会に出てからの半分以上の月日を、社長として働いていたのです。
スクリーンショット 2015-12-03 2.50.35
出典: http://toyokeizai.net/articles/-/77489

岩田聡元社長の功績

岩田氏は初期の頃から頭角を現しています。
彼は、ファミコンが世に出始めた頃、HAL研究所にてバルーンファイトというゲームを作成しました。
このゲームは当時では考えられないほどの滑らかな動きを実現しており、この動きが実際に任天堂のスーパーマリオブラザーズのマリオの動きに使われたようです。
また岩田氏は、HAL研究所の代表取締役社長時代、星のカービィシリーズと大乱闘スマッシュブラザーズのプロデュースもしています。これらにより、当時HAL研究所が抱えていた15億円の負債を6年で返済します。
また任天堂の社長時代には、ニンテンドーDS、Wiiなど世界的大ヒット商品を世に生み出しました。皆さんの記憶の中にも新しいと思います。
このように多くの功績を上げた岩田元社長ですが、これほどの結果を出したことには、彼の人物像が大きく関わっています。
スクリーンショット 2015-12-03 2.43.18
出典: http://aplista.iza.ne.jp/f-iphone/233183

岩田元社長の人物像と名言

私の名刺には社長と書いてありますが、頭の中はゲーム開発者です。心はゲーマーです。
この言葉通り、岩田氏は経営者という立場にありながらも、長く開発の仕事にも携わっていました。
そして実際に最高のプログラマーであり、誰よりもゲームを愛していました。だからこそ、使用者の視点に立つことができ、ニンテンドーDSやWiiが生まれたのです。

また、岩田氏は以下のような名言を残しています。
今あるプログラムを使うと完成まで2年かかります。ですが私が一から作れば1年で出来ます
プログラマーはノーと言ってはいけないんです
これらは、「マザー2」というゲームの制作が行き詰まっていたときの発言です。製作開始から4年が経ち、完成から程遠い状態でした。
これを実際に岩田氏は、半年でゲーム全体が動ける状態にし、さらに半年をかけ細部を調整し完成させます。経営者であると同時に、天才プログラマーであった岩田氏の有名なエピソードの一つです。
スクリーンショット 2015-12-03 2.55.25
出典: http://www.gamespark.jp/article/2015/07/13/58508.html
わたしが見つけた天才の定義があります。
人が嫌がるかもしれないことや、人が疲れて続けられないような事を、延々と続けられる人、それが「天才」だとわたしは思うんです

岩田氏は多くの方が認める天才プログラマーです。しかしそう呼ばれるようになったのは、この言葉の通り、人がしないことに没頭することができたからでしょう。情熱とそれに対する努力の成果です。

岩田元社長の後継者

任天堂、スマホ向けゲーム3月に延期 第1弾は「Miitomo」
出典:http://jp.reuters.com
これまでお伝えしたように、数多くの功績を残してきた岩田氏でしたが、2015年7月11日に55歳の若さで亡くなっています。岩田元社長が率いた任天堂の次の社長は誰なのでしょうか。
岩田聡氏の死後、君島達己氏が5代目任天堂社長に就任しました。
君島氏は元々、現三菱東京UFJ銀行に勤めていましたが、当時任天堂社長だった山内氏にスカウトされる形で任天堂に入社しました。その後は、ポケモン最高財務責任者、ポケモンUSA社長というポストを経験しています。
任天堂は君島氏体制になってからも岩田氏路線を継承しています。つまり、スマホのゲーム市場への参入です。これを予定通り、DeNAとの共同開発という形で行うようです。

岩田元社長と任天堂

スクリーンショット 2015-12-03 2.45.32
出典: https://asutabi.wordpress.com
これまで任天堂を現在の地位にまでに築き上げた岩田元社長。彼は多くの人から愛され、実際に、岩田氏が亡くなった時には世界各国から追悼の言葉が送られました。
PlayStaionのTwitterの公式アカウントも「Thank you for everything, Mr. Iwata.」とツイートしています。
岩田氏が世に生み出してきたたくさんのゲームは、子どもだけでなく、すべての世代の男女を問わず、これからも愛され続けるでしょう。

おすすめの記事