AmazonのCEOが選択した挑戦

Amazonと言えば、世界最大規模のECマーケットを誇り、誰もが知っている存在だと思います。
筆者である私もAmazon プライムに有料会員登録しています。
 
AmazonのCEOは、Jeffrey Preston Bezos氏という人物です。
彼は小さい頃から発明が好きで、プリンストン大学でも学士号を取得しています。
 
そんなJeffrey Preston Bezos氏は、「選択こそが大事である」と、母校のプリンストン大学の卒業式で卒業生たちに伝えました。
この記事では、AmazonのCEOJeffrey Preston Bezos氏が、プリンストン大学で講演したスピーチをまとめます。

才能は時に人を傷付けるかもしれない

lgi01a201309290900
出典:free-illustrations.gatag.net
Jeffrey Preston Bezos氏が子どもの頃の話です。祖父母と出かける中で、いつも祖母はタバコを吸っていました。彼はタバコを好みませんでした。
ある時タバコを一本吸うたびに寿命が2分縮むことをどこかで知った彼は、
祖母が今まで吸ってきたタバコの本数から、9年も寿命が縮んでいるということを祖母に伝えました。
 
まだ子どもだったJeffrey Preston Bezos氏は、ただ「頭がいいね」と褒められたかったのです。
それにもかかわらず、なんと祖母は、急に泣き出したのです。
 
何が起こったのかわからなかった彼に、祖父は優しく伝えたのです。
「なぁJeffよ。いつかきっとお前にも、賢くなることよりも、優しくなることの方が難しいってことが分かるようになるだろう。」
 
賢さは先天的な才能なのかもしれませんが、優しさは後天的に選択したものなのです。

Amazonの始まりは、目を見張るWebの成長がきっかけである

amazon_logo_500500._V323939215_
出典:www.amazon.com
Jeffrey Preston Bezos氏は、1994年にAmazonを始めます。
毎年2300%もの勢いでネットが成長しており、これほどのスピードで成長しているものはかつて存在しませんでした。
 
その時Jeffrey Preston Bezos氏は30歳であり、仕事を辞め、オンラインで本屋をすることを妻に打診しました。
すると妻は、Jeffrey Preston Bezos氏に対し、挑戦するべきだと伝えたようです。
 
しかしネットで本を販売することを上司に伝えたところ、上司の反応は良くはありませんでした。
「本のネットでの販売は素晴らしいが、それは職にありつけない人にとって素晴らしいアイディアである」と言われます。

道を選択することで、Amazonは実現した

lgi01a201401142300
出典:free-illustrations.gatag.net
Jeffrey Preston Bezos氏は、最終的には、オンライン本屋をスタートすることを選択します。
挑戦しないと後悔すると考え、険しい道に付き従ったことが、最良の選択でした。
このとき挑戦しなければ、Amazonはなかったのです。
 
皆さんはどのような道を選択をするのでしょうか。
才能は、結局与えられたものであるから、たやすいものです。
しかし、自分で道を選択することは困難です。
才能に溺れてしまい、努力をしなければ、あなたは正しい選択をできなくなります。

後悔しない人生を送るために

80歳になったとき、あなた自身のことについて、あなたの人生の物語をあなたが回想するとしましょう。
そのとき、最も端的に、意味のある物語は、あなた自身がした選択の数々でしょう。
 
結局、我々の人生は、選択の連続なのです。
選択を続け、自分の物語を偉大なものにしましょう。

おすすめの記事