今回のインタビューでは、C Channel株式会社の森川亮さんに「起業時における仕事の本質」「組織作りで大切にしていること」「シンプルに考えること」についてお話を伺いました。

(インタビュアー:嶋内秀之、撮影者:須澤壮太)

【経歴】
1989年筑波大学卒、日本テレビ入社。
1999年、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程を修了しMBA取得。その後ソニーに入社。
2003年ハンゲームジャパン(現LINE株式会社)入社、07年社長。
2015年3月、同社代表取締役社長を退任。同年4月、C Channel株式会社代表取締役に就任。

起業時における仕事の本質

基本的には、お客様が求めるものを、できるだけ高品質で速くサービス提供していくことが大事だと思います。
それ以外はあまり関係なく、そこを軸にしてどうすれば速くできるか、どうやって質を高めるかを考えてやっていくのが大切です。

事業の進め方について

多くの人が、手段を目的だと勘違いしてしまうところがあります。
例えばお金を儲けるとか、有名になるとか、社員数を増やすとか、時価総額を上げるとか。それは単なる手段でしかないんですよね。
でもそれを目標だと勘違いしてしまうと何のためにやっているのかがわからなくなるので、あくまで課題を解決することでお客さんを満足させるとか、それに必要なものを単純にやるということかなと思います。
 
<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

おすすめの記事