> > > Googleってどうやって儲けているの?ビジネスモデルについて解説しました!
トレンドニュース

トレンドニュース

Googleってどうやって儲けているの?ビジネスモデルについて解説しました!

Googleという会社を知らない人はもういないでしょう。
GoogleはIT業界の異端児にして、今や検索世界最大手の会社です。

もともとGoogleは検索を運営する会社でしたが、今やGmailなどのメールサービスやグーグルマップなどの生活に役立つサービスを無料で提供しています。
また世界で初めて、現在のネット広告の主流である検索連動型広告を始めたのもこのGoogleです。

Googleとは

Googleは世界最大の検索サイト運営会社です。ただその会社の規模だけでなく、これまでになかったクオリティーの検索サービスの提供や、これまで誰も挑戦してこなかった世界中の地図や航空写真に誰もが無料でアクセスできる環境を整えるなど、ネット業界をリードしてきました。

その会社の信念は『世界の情報を整理し、自由にアクセスできるようにする』というものです。
Googleの施策は全てこの信念に則って行われていて、そのために必要とあらばどのような資金注入や人員投入も惜しまない。そういう会社です。

現在ではネット広告の主流である検索連動型広告というものを初めて立ち上げました。

検索連動型広告を開発

そのビジネスモデルは極めてシンプルで、世界の情報を整理し誰もが自由にアクセスできるプラットフォームを作成、人を集める。そして、そこに広告を掲載したい起業から広告掲載費を取るというものです。

ただこれまでのネット広告と決定的に違うことがあります。それはネットユーザーがその広告を見たときに限り、広告掲載費が発生するというものです。
Googleは検索最大手として多くのネットユーザーがそのサービスを利用します。そしてその検索するキーワードというのはユーザーが興味を持っている対象です。

ですので、そのキーワードを検索した人に対してのみ関連する広告を表示すればそれは非常に効果的なものになります。それがキーワード広告で、検索連動型の広告と言われるものです。

このキーワード広告により、ネットユーザーがとあるキーワードを検索したときのみ広告掲載費を取ることで、顧客にとっても有意義な広告を載せられ、しかも起業にとっても有効な広告費が使える。
このような画期的なビジネスモデルをGoogleは開発したのです。

このキーワード広告などの検索連動型広告はGoogleが検索最大手としての位置づけを築いていたからこそのビジネスモデルと言えるでしょう。

Google Adwordsについて

google_adwords

さらにGoogleは世界の情報を整理するという信念に従って、個人のブログなどにも広告を掲載しています。
これがGoogle Adwordsというものです。

たとえば化粧品についてのブログを書いている個人のサイトに車の広告を載せても興味を持ってもらえる可能性は低いです。
しかし車のブログに車の広告を載せると、ユーザーの興味を引くことができるでしょう。

このような検索連動型に加え、そのサイトに応じて最大の効果が見込まれる広告の掲載をgoogleは可能にしました。
企業はGoogle Adwordsを使うことで、効果的な広告をうつことができます。

世界の情報を整理するために

いかがでしたでしょうか。

googleは検索の会社として認知されていますが、常に時代に必要とされているものを創っています。
しかし、その根幹にあるのはあくまで検索で、その信念は世界の情報を整理するという信念から来ているものなのです。

Googleは新時代のビジネスモデルで、ユーザーにも企業にとっても有意義な広告を整理しています。