freeeは、全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」を開発・提供しているベンチャー企業です。
今回はfreeeの事業内容と採用情報についてまとめました。

バックオフィスの自動化に貢献するために創業

創業者は佐々木大輔氏であり、転職を経てgoogleで働いていました。
Googleの広告を中小企業に広めていくことを行っていて、そこから中小企業のマーケティングに関心を持つようになったようです。
そこで中小企業の経理などバックオフィスの非効率性を解決し、スモールビジネスの経営者が本業にだけフォーカスできる環境を実現させることを目的に、2012年7月、freeeが設立されました。

クラウド会計ソフト「freee(フリー)」の提供

freeeの事業は、全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」の開発と提供です。

手間がかからない経理ツールを提供

freeeは、「省力化」や「自動化」といった、利用者にとって手間をかけさせないことを主眼として開発していて、仕訳や会計知識を意識させないような入力方法や管理方法が用いられています。
この点が、競合クラウド製品との差別化ポイントです。
日本では、会計業務においてクラウドサービスが利用されている割合は極めて少ないのが現状です。このため、クラウド会計ソフトのマーケットは、今後急速に拡大していくものと予測されます。

これまでになかったインターネットサービスの立ち上げを考える人材を募集

freeeの採用では、学生のインターンを募集しています。仕事内容は、2つあります。
ひとつは、カスタマーサポートです。カスタマーリレーションシップによるプロダクトの改善と新たなカスタマーリレーションシップの仕組みを開発してもらいます。
もうひとつは、サービス改善とマーケティング戦略の立案および実行です。
インターンの2~3カ月目以降は、カスタマーサポートでの知見を生かし、ユーザーの拡大と既存ユーザーをアクティブユーザー、課金ユーザーにステップアップさせていくための戦略を立案してもらい実行してもらいます。
インターンを希望する学生の方には、インターネットやモバイルアプリが好きで、なおかつ、これまで世の中に存在しなかったインターネットサービスの立ち上げに関心があることを求めます。
また、佐々木社長の掲げるビジョンに共感する人材が求められています。勤務地は、東京都港区三田の本社です。
採用サイトはコチラ

クラウド版会計ソフトのグローバルスタンダードへ

freeeの創業者、佐々木社長はベンチャー企業の最高財務責任者(CFO)や、Googleのアジア・パシフィック地域におけるマーケティング統括等を歴任したキャリアの持ち主です。
創業にあたっては、シリコンバレーのベンチャーキャピタルからも出資を受けています。
今後、日本国内で事業を拡大し、ノウハウを蓄積していけば、クラウド版会計ソフトのグローバルスタンダードとなることを目指して海外進出が視野に入ってくると思います

おすすめの記事