> > > 過去2年間で売上高5億円から20億円まで急増させた、株式会社じげんってどんな会社?
トレンドニュース

トレンドニュース

過去2年間で売上高5億円から20億円まで急増させた、株式会社じげんってどんな会社?

みなさんは「じげん」という会社をご存知ですか?
株式会社じげんは、ライフメディアプラットフォーム事業を行っていて、複数のインターネットメディアの情報を統合し、一括検索・一括応募が可能なインターネットメディア(EXサイト)を展開しています。ライフイベントに特化したEXサイトであり、上場企業でもある「じげん」。今回は企業情報について、簡潔にまとめてみました。

 

設立の背景

2006年6月、株式会社ドリコムとリクルートグループとのジョイントベンチャーとして、株式会社ドリコムジェネレーテッドメディアの商号で設立され、2008年にライフメディアプラットフォーム事業を開始しました。同年、平尾丈氏が代表取締役に就任します。2009年、商号を株式会社じげんに変更したあと、平尾氏は自主的な経営を進めるためにMBO(マネジメント・バイアウト)を実施し、じげんを独立企業としました。2013年11月、東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場し、現在に至っています。

事業内容

じげんの事業内容は、ライフメディアプラットフォーム事業を主力事業としています。具体的な事業内容としては、求人領域や住まい領域を中心に、複数のインターネットメディアの情報や企業の情報を統合し、サイト上で一括して検索、閲覧、応募・問い合わせを行うことができる領域特化型のサイトを複数運営しています。

ライフメディアプラットフォーム事業を創出したきっかけは、求人サイトや住まいサイトにおいて運営企業が多数存在し、新たな企業が続々と参入してきている結果、情報が多数のサイトに散在してしまい、ユーザーは自身の希望に即した情報を見つけるために何度も検索エンジンで検索を行う必要が生じているため、この煩雑さを解決することを目的としたものです。

じげんは、求人や不動産等といった領域別に「EXサイト」を展開し、サイト内で応募や問い合わせを一括で行えるプラットフォームを提供することで、ユーザーの手間を大幅に削減することを実現しています。

他社との違い・特徴

じげんの事業内容である、ライフメディアプラットフォーム事業と同様のビジネスモデルでサイト運営している企業は複数存在しますが、じげんは、Webマーケティング技術や表示するコンテンツの情報整理の方法などの構成ノウハウ等をもとに、他社との差別化をはかり、市場における市場における優位性を構築してきました。

採用情報

じげんの人材採用は、業績の急拡大に伴って、積極採用を展開しています。新卒採用では、総合職(営業、マーケティング)、専門職(エンジニアとデザイナー)、コーポレート総合職(経営企画、経営管理)を募集しています。

2013年の株式上場を受けて、現在を第2創業期と捉えて幹部候補生として人材採用を行っています。「事業で世の中の問題を解決していく」という高い当事者意識と志を持ち、圧倒的な成果を目指して行動できる高いエネルギーを持った人材が求められています。

採用情報はコチラ

まとめ

じげんは、2014年3月期までの過去2年間で、売上高を約5億円から約20億円まで急増させ、経常利益についても約2億円から約9億円まで急増させてきました。しかし、2014年4月以降、売上高や経常利益の伸び率が低下し、投資家たちが売り込んだ時期があるようです。売上が下がったのは、Googleのアルゴリズムの変更に対応できなかったことが原因だと言われています。

とはいうものの、じげんは、これまで既存ビジネスの隙間を開拓する形で新規事業を生み出し、売上高を20億円規模まで膨らませ、株式上場も達成しました。これから、じげんを志望し、入社する方に対して期待されるのは、文字通り「世の中の問題を解決していく」ビジネスを創出し、新たな売上を創出することだと思います。新しいビジネスを創出し続けることが、じげんというベンチャー企業がこれからも発展していく道なのだと思います。