12月12日、人材紹介業の株式会社ネオキャリアは、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズとみずほキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、株式会社マイナビ、株式会社リンクアンドモチベーション等から資金調達を実施した。調達額は総額8億円。調達した資金はウェブ事業のさらなる加速に充てられる見込み。
プレスリリースはコチラ

ライターの視点

人材紹介や人材派遣を手がけるネオキャリアが大型の調達を行いました。
ネオキャリアの高い成長実績と今後の更なる成長ポテンシャルが評価されたようです。
人材サービスと言えば、国内の競合が多そうですが、直近では、業界特化型メディアの創設やキュレーションメディアへの進出等を予定していたり、人材業界に新たなウェブサービスを順次リリースすることで、サービスラインナップの多様化や既存事業の競争力強化に努めている様子です。
国内だけに留まらず、成長著しいアジア諸国へ積極的に進出し、既に7拠点で人材紹介事業や人材会社向けの採用プロセスアウトソーシング事業を展開しています。
さらに、人材 x ITをキーワードとしたWebサービスをリリースしており、変化する人材業界に新たなイノベーションを起こすベンチャー企業として注目を集めています。
「世界を代表するサービスカンパニーの創出」の実現のため、着実に前進しているネオキャリア。今後の動向に注目です。

会社概要

ネオキャリアは、新卒・中途の正社員領域における広告代理採用支援事業と人材紹介業に加え、国内26拠点に展開した人材派遣事業も手がけている。
エンジニア領域とヘルスケア領域を重点領域と定め、特に介護施設向け派遣事業や保育士紹介事業では、いずれも短期間で国内有数のサービスカンパニーへと成長しております。
設立は2000年、本社は東京都新宿区にあり、代表取締役は西澤亮一氏である。

おすすめの記事