> > > 2015年上場、ハウスドゥ~住宅市場をオープンに、ライフタイルに合わせた変化を
トレンドニュース

トレンドニュース

2015年上場、ハウスドゥ~住宅市場をオープンに、ライフタイルに合わせた変化を

春になって新しい生活を始める方も多いと思います。

それに関連して、今回は、2015年3月に上場予定の株式会社ハウスドゥについてご紹介いたします!

この会社はその名の通り不動産会社で、主にリフォーム事業や新築戸建事業を行っています。

その透明性が評価のポイント

ハウスドゥは、「お客様の豊かさ、社員の豊かさを常に創造し、末永い繁栄と幸福を追求し、お客様から必要とされ、お客様へ尽くす」ことを理念として努力を続けている会社です。

日本の不動産市場においては、売り手と買い手の情報の格差が問題になることが多いですが、

ハウスドゥでは、市場をオープンにし、お客のライフステージに即した理想の住宅を積極的に住み替えたりできる、住まいの新しい流通システムを築こうとしており、住まい探しのあらゆるサービスを提供し、お客様のライフスタイルの変化に対応し、安心で便利なサービスを提供しています。

このように、従来の不動産の悪いイメージを払拭するような事業を行っている点が評価されているのです。

顧客に対するサービスだけでなく、ノウハウも提供

スクリーンショット (138)

ハウスドゥの事業内容は、不動産事業、住宅流通事業、フランチャイズ事業です。

フランチャイズ事業では、ブランド、ネットワークを必要とする中小不動産事業者や新規に不動産流通事業に参入されようとする企業に対し、不動産売買仲介事業におけるノウハウ(集客戦略、IT戦略、教育研修、モチベーションアップ戦略)を提供しています。また、コンサルティング業務も行っています。

このフランチャイズ事業によって、現在では全国ネットワーク285店舗にまで達しています。

働く人たちのやりがい

ハウスドゥは、比較的自由なやり方で営業活動ができるの魅力的で、社員の仲が大変良いため職場の雰囲気も良く、努力した分だけ給与や賞与にも反映されるということがあります。

やはり、働く人が嫌々仕事をやっていては、お客さんにそれが伝わってしまいます。

社員がのびのびと働ける環境があるのは大切なことです。

また、代表の安藤氏は、仕事のやりがいについて、

“今、変革期にある日本の不動産業界でエキサイティングに動いていられることが仕事の魅力と言えるでしょう”

と語っています。

 まとめ

会社のトップが仕事に面白みを感じているということは、非常に重要だと思います。

競争の激しい不動産業界で、どのようにしてシェアを広げていくのか、

上場後の動きに期待しましょう!

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」