> > > ウイルス対策ソフトだけでは危険!アメリカ発の無線LANセキュリティー「Hotspot Shield」が、サイバー犯罪を防ぐ
トレンドニュース

トレンドニュース

ウイルス対策ソフトだけでは危険!アメリカ発の無線LANセキュリティー「Hotspot Shield」が、サイバー犯罪を防ぐ

2015年、世界におけるインターネット利用者数は、31億7千万人と言われており、その増加に伴いサイバー犯罪も増えています。

そういった問題を解決すべく、米AnchorFree社は、無線LAN接続時のセキュリティー対策に特化したソフト「Hotspot Shield」を開発しました。

この記事では、「Hotspot Shield」の誕生背景と製品の強みを、AnchorFree社CEO であるDavid Gorodyansky氏のインタビュー記事をふまえて紹介しています。

Hotspot Shieldとは?

hotspotshield soft

出典:http://images.pcworld.com/images/article/2012/04/hotspot20shield20box-11344105.jpg

Hotspot Shieldは、3.5億を超えるダウンロード数があり、世界で最も信頼度が高い無料VPN(Virtual Private Network)と言われています。

このソフトを利用するメリットとしては、以下の4つがあります。

 

・公衆無線LAN接続時のセキュリティー確保

・VPNを利用したユーザーのプライバシー保護

・データーの圧縮

・アクセス制限されたコンテンツへのアクセスが可能

 

海外へ行ったときに、自分の国のサイトを閲覧することができなかったという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?このような時に、Hotspot Shieldがあれば、非常に便利です。

 Hotspot Shieldの誕生背景〜David Gorodyansky氏のインタビューより〜

David Gorodyansky

出典:http://newswire.fm/one_world/video.php?guest_id=192

Hotspot Shieldの立ち上げの経緯について、CEOのDavid Gorodyansky氏はこのように語っています。

「インターネットに自由にアクセスできるようにしたい」、さらには「プライバシーも守りたい」と考えて会社を立ち上げた。

立ち上げの準備中、コーヒーショップなどで公衆無線LANに接続して作業することがあったのだが、「この環境は安全ではないのでは?」と感じていた。これがHotspot Shieldを開発するきっかけの一つになった

世界中のほとんどの人がインターネットにアクセスするようになるときがくると考えたことから、会社設立へと動き出したのだと言います。

日本でも、駅や空港、カフェなどで、鍵がついていない無料のWi-Fiが利用できるスポットが増えてきています

現在は、2020年の東京オリンピックによる訪日外国人の増加に向け、政府が主体となって誰でも利用できるWi-Fiの整備を進めています。

しかし、同じWi-Fi圏内であれば、個人情報を勝手に第三者に閲覧される危険が常に存在しています。

そのような状況で、彼自身が身の危険を感じたという経験から、Hotspot Shieldの着想に至りました。

なぜ「Hotspot Shield」セキュリティ対策が必要なの?

サーバー犯罪

出典:http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/e/2/570/img_e28dca5bd0529580944b7dd9c27ef3e9148151.jpg

現在のネット社会では、実は1日に最低1件の個人情報が盗まれています。そして、ネットワークを使った犯罪は通常の犯罪に比べて3倍も増加しています。

Wi-Fiを利用したことのある人の中で、実に77%が知らないうちにネット犯罪の被害を受けていると言われているのです。(出典:http://jp.norton.com/cybercrimereport

中には、「ウイルス対策だけでいいのでは?」と思う人も多いことでしょう。しかし、ウイルス対策 ソフトは”パソコンを守る”ためのものであって、インターネットを通した自身の行動や情報を保護することはできません。

ウイルス対策ソフトでは守ることのできない”プライバシー”を保護するためにも、Hotspot Shieldは必要なのです。

HotSpot Shieldの安全のための仕組みは?

net

出典:http://www.fujitsu.com/jp/Images/2013-060_tcm102-1411812.jpg

「HotSpot Shield」では、SSL/TLSIPsecなどの一般的なVPN技術に独自のカスタマイズ を加え、端末の種類や接続するネットワークに応じて適切な技術を使い分けるようにしています。

強力に暗号化されたVPNを利用することで、インターネットサービスプロバイダー(ISP)や政府ですら、ユーザーの行動を調べることができない仕組みとなっています。

このようなVPN技術により、第三者から自身の個人情報やデータを守ることが出来るのです。

 まとめ

Hotspot-02

出典:http://juggly.cn/wpjuggly/wp-content/uploads/2014/02/Hotspot-02.jpg

今までは、パソコンにウイルス対策のソフトを導入して、安心していた人が多いと思います。しかし、それだけでは本当の安心は手に入れることはできません。

2013年からは日本での販売も開始しているので、無線LANとセキュリティー対策が同時にできる「Hotspot Shield」を使って、自分のプライバシーは自分で守っていきましょう。

 

Hotspot Shield(日本版)についての詳細はこちら

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

株式会社アントレプレナーファクトリー
インターン

Yuna Shiota

立命館大学経営学部在学中。ソーシャルベンチャーや国際ボランティアに興味を持ち、国際協力団体サークルに所属。

このオーサーに問い合わせする