> > > 2015年4 月上場、Gunosy~気になるキュレーションアプリの儲け方とは?
トレンドニュース

トレンドニュース

2015年4 月上場、Gunosy~気になるキュレーションアプリの儲け方とは?

テレビCMでニュースキュレーションアプリを見かけることが多いかもしれませんが、中でもGunosyの知名度は高いでしょう。

さらに、2015年4月に上場する予定であり、今後もますます注目されます。

今回は、Gunosyのビジネスモデルについて解説します。

ターゲット

スクリーンショット (179)

Gunosyのビジネスターゲットは、広告を出したい企業であり、スマホでニュースアプリを読む購読者です。C向けで特にマス層向けの読者を想定しているようです。

大衆向けだからこそ、テレビCMが効果を発揮し、彼らにリーチしたい広告主が現れるのです。

提供価値

スクリーンショット (180)

数あるキュレーションアプリの中でも、Gunosyが優れている点は2つあります。

1つ目は「アルゴリズムによってあなただけに最適な記事をお届け」してくれるカスタマイズ性です。自分の興味・関心に合わせて記事を届けてくれるので、無駄な情報が少なくなります。

2つ目は「毎日1回、ニュースをまとめて届ける」パッケージ性です。まさに新聞の電子版のような存在であり、かつ配信数を選べる点で融通が利きます。

ビジネスモデル

Gunosyの広告モデルは主に次の4つから成り立っています。

まずは、ユーザー認知型のGunosy Promotion Ads Insertion (グノシー プロモーション アズ インサーション)です。

1週間掲載の露出保証型商品で、通常記事同様のフォーマットで、信頼性の高い訴求が可能です。

保証する露出量の50%はトップのトピック面に配信されます。

次に、ユーザー認知型のGunosy Branding Ads (グノシー ブランディング アズ)です。

スワイプ途中でGunosy全画面に表示される、新聞15段に相当するインタースティシャル型のメニューです。

また、ユーザー理解型のGunosy Native Ads (グノシー ネイティブ アズ)です。

Gunosyのネイティブアドは、一般記事と同じ自然な挙動で記事が公開されるため、ターゲットユーザーへのブランド(商品)の理解促進効果が通常広告より高まります。

さらに、コンバージョンが目的の場合のGunosy Promotion Ads Performance( グノシー プロモーション アズ パフォーマンス)です。

CPM(インプレッション課金)/CPC(クリック課金)での入札が選択可能なパフォーマンス(運用)型広告商品です。

オールリーチ、男性セグメント、 女性セグメント配信が選択可能です。

まとめ

WEBの広告は、企業名やサービスをいかにインパクトを持たせて、露出するかというところがポイントです。

Gunosyでは、スマホのニュースアプリを利用することで、適切なユーザーに対して、企業がアプローチできるように自然な形で、広告を配信しています。

今後、激戦のスマホアプリの分野でのGunosyの成長に注目しましょう。

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」