> > > パートナーエージェント・佐藤茂代表:結婚情報サービスとして求め続ける「顧客成果」【前編】
IPOまでの道のり

IPOまでの道のり

パートナーエージェント・佐藤茂代表:結婚情報サービスとして求め続ける「顧客成果」【前編】

今回のインタビューは、株式会社パートナーエージェントの代表取締役である佐藤茂さんに「パートナーエージェント設立の背景」「IPOまでの経緯」「今後の展望」についてお話を伺いました。

(インタビュアー:嶋内秀之、撮影者:須澤壮太)

【経歴】

1973 年、東京都生まれ。駒澤大学在籍中から広告代理店でアルバイトし、同社に就職。その後、結婚相談所の大手企業に転職し、広告を担当。顧客獲得のためにはサービス改善が必須という思いを抱き、2006年9月、ウェディング事業を展開していた一部上場企業の子会社として(株)パートナーエージェント設立・出向、2007 年 6 月より同社代表取締役、 2008年 5 月、MEBOにて独立。創業より独自の相談サービス設計およびシステム開発のコンサルティングで、業界最高水準の成婚率にこだわりながら、サービスを提供し続け成長してきた。現在は 10 期目に入り、全体で23 店舗展開、約 300 名の社員数が在籍。会員数も1万名超となり結婚相談所業界で成婚率No.1を誇る。

パートナーエージェント設立の背景

2006年に設立し、事業としては「婚活支援のサービス」をやっています。

独身のお客様を会員組織化して、相互にご紹介をし、お客様を成功に導くビジネスです。

私は前職で6年ほど、同業の大手の会社にいました。

その当時、業界のことを色々調べたんですが、登録しているお客様の中で結婚できる方がとても少ないという実態がありました。

せっかくきっかけを持ってご入会していただいたお客様なので、「きちんと高い成果を提供していきたい」という想いで会社設立に至りました。

 

我々の設立の想いや理念、事業ドメインは一貫しており、「高い顧客成果を出していこう」ということがあります。

設立の想いをはじめとして、社内の評価制度、そして在籍会員から何%の結婚を実現していくかという社内のビジョンまで、一貫して「顧客成果」を意識してやっています。

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

1 2 3