> > > MQLとは?結果にコミットしたいなら、まずはこのマーケティング用語をおさえよう
マーケティング

マーケティング

MQLとは?結果にコミットしたいなら、まずはこのマーケティング用語をおさえよう

とある企業の研修で…

gahag-0117140418-1

出典:www.photo-ac.com

とある企業のマーケティング部に配属され間もないあなたは、研修でこのような言葉を聞きます。

 

「マーケターはMQLを作成することが仕事だと言っても過言ではありません」

 

なにやら重要そうなワードですね。MQLとは、一体何なのでしょうか?その疑問にお答えします。

 

今回の記事ではMQLとその具体的な内容をまとめました。

MQLとは

MQL.001

起業tv編集部作成

MQLとは、Marketing Qualified Leadの略で、マーケターが絞り込んだ質の高い見込み顧客のリストを指します。

 

この有望な顧客や質の高い見込み顧客というのは、営業の機会はまだ実際にないものの、いつでも営業的な接触を図ることができるという意味です。

 

MQLを作り出すことは、営業の効率化、リピーターの創出、高いフィードバックによる品質の向上など、会社の売上に直結するメリットを生み出すことに繋がりますので、マーケターとしてはここにコミットしていきたいところです。

 

MQLには3つのプロセスがあります。次の章でそれらのプロセスをみていきましょう。

 

MQLの全体の流れ

MQL.001

起業tv編集部作成

MQLの説明に質の高い見込み顧客と言いましたが、マーケティング用語では、見込み顧客のことをリード(Lead)と呼びます。MQL作成においてこのリードに対するプロセスがとても重要となってきます。

 

MQL作成のプロセスは3つです。

①リードジェネレーション

MQL.002

起業tv編集部作成

MQL作成最初の一歩であるリードジェネレーション(Lead Generation)は、新規のリードを獲得していくことを指します。セミナーや交流会等での名刺交換、オンラインからの会員登録やメルマガ登録がリードジェネレーションにあたります。

 

リードジェネレーションのポイントは、自社製品・サービスに興味がない人を集めるのではなく、自社製品・サービスに興味を示してくれているリードを集めるということです。

②リードナーチャリング

MQL.003

起業tv編集部作成

次に、リードジェネレーションによって集められた見込み顧客の自社や自社のブランド・製品に対する興味・関心を育てていきます。これをリードナーチャリング(Lead Nurturing)と言います。

 

具体的には名刺交換をした見込み顧客にセミナーやイベントを案内したり、メルマガを配信したりすることです。リードナーチャリングのポイントは、リードの育成状況に応じたコミュニケーションを図っていくという点です。

③リードクオリフィケーション

MQL.004

起業tv編集部作成

リード(見込み顧客)を教育したのちに行うのが、リードクオリフィケーション(Lead Qualification)です。このプロセスでは、リードの絞り込みを行います。

 

企業独自の評価軸(レスポンスが早い等)により、セールス対象の顧客を絞り込みリスト化していきます。以上の3つの流れで出来上がるリードのリストがMQLです

結果にコミットするならMQL

lgi01a201409040500

出典:www.photo-ac.com

MQLについて一通り理解していただけたでしょうか。マーケティング担当として結果を出していくならば、MQLを作成することが王道の手法であると考えられます。

 

またこれからマーケティングに関わっていくというのであれば、まずはMQLの作成に取り掛かることがいいかもしれません。

【合わせて読みたい記事】

株式会社アントレプレナーファクトリー
SEO対策責任者

Seishin Miyaji

立命館大学経営学部4年。うどん県出身。父が店を経営していることもあり、起業に対する興味は人一倍強い。Atomの背景に執心している。白い。メガネ。

このオーサーに問い合わせする

お問合せ

タイアップ・広告・取材依頼について

NEWS
INTERVIEW
COLLEGE
新着記事
月間閲覧数ランキング
  • すべてのビジネスパーソンに、アントレプレナーシップを。株式会社アントレプレナーファクトリー
  • enfactv