2015 年6月 30日、株式会社メディア・ヴァーグが株式会社 VOYAGE GROUPから約5000万円の資金調達を行った。調達した今回の調達を機に、両社の協業関係をさらに強固なものとし、メディア・ヴァーグの運営メディアにおける当社のアドテクノロジー事業の活用促進するとともに、両社の持つノウハウを活用した良質な新規コンテ ンツメディアの開発等、新たな取り組みを進めていく見込み。

ライターの視点

スクリーンショット 2015-06-22 13.36.49
出典:http://mediavague.co.jp
 

メディア・ヴァーグは、平成 23年4月に創業し、大手ニュースメディアや記者とのネットワークやオリジナル記事の制作力に強みを持った企業である。
自社メディアである交通インフラにまつわるコンテンツメディア「乗りものニュース」の運営に加え、野球・MLB の総合コラムサイト「フルカウント」やサッカ ー専門のネットメディア「フットボールチャンネル」といった他社との協業メディアの運営を行っている。
 
資金調達の決め手は、これまでの良好な関係性と、次々を新メディアを打ち出すメディア・ヴァーグとアドテクノロジー事業を行うVOYAGE GROUPの互いのノウハウのシナジー効果の可能性が挙げられるだろう。
VOYAGE GROUPは、これまでメディア・ヴァーグの運営メディアに対して、アドテクノロジー事業のサービス提供を通じた広告収益最大化の支援を行ってきており、両社は良好な協業関係を構築してきた
今回は第三者割当増資だけでなく、これを機に、メディア・ヴァーグはVOYAGE GROUPの持分法適用関連会社化となった。
今後は、両社の協業関係をさらに強固なものとし、メディア・ヴァーグの運営メディアにおけるVOYAGE GROUPのアドテクノロジー事業の活用を一層促進するとともに、両社の持つノウハウを活用した良質な新規コンテンツメディアの開発など、新たな取り組みを進めていくとしている。
スクリーンショット 2015-06-22 13.39.53
出典:http://voyagegroup.com
 
近年新しいWebメディアは続々と登場し、非常に競争が激しいものとなっている。
今回の調達を機に、さらなる拡大は見込めるのだろうか。
両社のシナジー効果に期待が高まる。
会社概要

株式会社メディア・ヴァーグはネットメディアを運営するベンチャーとして立ち上がった。メディア・ヴァーグの“ヴァーグ”とは、フランス語で“波”を意味する。インターネットメディア事業、出版事業、インターネット広告代理事業などを行い、メディア運営に新しい波を作り出し、新たなメディアのあり方を提案している。
設立は2011年4月、本社は東京都目黒区にあり、代表取締役は浦山利史氏である。
 
メディア・ヴァーグについて詳しく知りたい方はこちら
プレスリリースはこちら(VOYAGE GROUP)

おすすめの記事