女性のみなさん、あなたは起業したいという夢を持ったことはありますか?
近年、若手のスタートアップや若手起業家が増えつつあります。大半が男性ですが、中には女性でも起業をしている方は沢山います。起業家社会になりつつある今の時代こそ、女性も活躍する時かもしれません!
 

どうして起業したいの?

 girl-fashion-pose-with-gray-watches-and-suede-jacket-2-picjumbo-com
「家事や育児の合間を使ってお金を稼ぎたい」
「自分の趣味を仕事にしたい」
「家庭での生活だけでなく、社会と関わりたい」
起業したい女性の方々は、この様に様々な理由があると思います。
では、なぜ実際に起業に至らないのでしょうか?
「経営の経験がないから不安」
「家庭と両立できる自信がない」
「家族に反対されるかもしれない」
・・・この様な理由があげられるかもしれませんね。
しかし、ここで諦める必要はまったくありません。
今は、個人個人のライフスタイルに合った起業の選択肢がたくさんあるのです。

女性のライフスタイルに合った「ローリスク起業」

291H 
 最近は、「ローリスク起業」という言葉があります。
 自分のライフスタイルにプラスで自分自身のスキルや知識を活かした仕事をすることです。「起業するぞ!」といった勢いではなく、「やりたいことでお金を稼ぎたい」という程で始めながら後々のビジネスプランを立てるというのが「ローリスク起業」です。家庭との両立を求められる女性や、社会との接点を求めている専業主婦の方々には、この「ローリスク起業」をおすすめします。
 
 ではこの「ローリスク起業」にはどの様なメリット・デメリットがあるのでしょうか?
 

女性にすすめる「ローリスク起業」のメリットとデメリット

 man-talking-about-architecture-ideas-picjumbo-com

「ローリスク起業」の3つのメリット

1.家事や子育てと両立できる
 女性が起業することを諦めてしまう理由として多いのが、「家事や子育てとの両立が難しいから」「身内や親戚に反対された」などがあげられます。しかし、ローリスク起業なら自分に合ったペースでビジネスプランを立てることができるので、比較的家庭との両立がしやすいのです。
2.年齢を気にせず仕事をできる
 ローリスク起業は、自分の思いついた発想やアイデアを実現化するところから始まるため、今までのキャリアを気にせずに起業することができます。また、専業主婦の方は社会との関わりもそこまでないため、起業することで様々な世代の方々との接点を持てます。
3.自分の専門性や技術を活かすことができる
 起業はどのようなアイデアを実現するかはあなた次第です。子育てや家事との両立を考えると、自分の専門の知識や技術を活かした仕事をするこで楽しみながら起業をすることができます。
 164H

「ローリスク起業」の3つのデメリット

1.公私混同してしまう人が多い
 自分の趣味や専門知識から生まれた発想をビジネスにするとなると、好きなことや関心のあることであるため、それに没頭してしまう可能性が少なからずあります。没頭することは悪くありませんが、メリハリをつけなければ家庭との両立は厳しくなってしまいます。
2.認知してもらうまでに時間がかかる
 始めは趣味程度で起業をするというのもローリスク起業の1つのきっかけであるため、認知に時間がかかることを覚悟しなければなりません。顧客の確保をするためのPR活動は欠かせません。
3.少なからずリスクはある
 ローリスク起業といっても、全くリスクがないわけではありません。何をするにたいしても多少のリスクは付いてきます。上記でも述べたように、認知に時間がかかり顧客がいない状況も起こりうるのです。そんな時にどのような手立て、また、相談相手や先輩起業家の存在が重要となります。
 

目標とする女性起業家を見つけよう 

 起業したい女性にとって、実際に起業し結果を残した女性起業家は憧れの存在です。でもそこで、「憧れ」で終わるのではなく、「目標」にしてみてください。きっとあなたの起業への良い刺激になるはずです。
 
ここで私の注目する3人の女性起業家を紹介します。
1.エリザベス・ホームズ
Elizabeth_Holmes_2014_(cropped)
 
出典:en.wikipedia.org
 彼女は第2のスティーブ・ジョブズと言われ、世界的に注目を浴びている女性起業家の1人です。彼女は「世界で最もパワフルな女性100人」にも選ばれています。起業する上で彼女のタフさを見習いたいものです。
2.アニータ・ロディック
anitaday_02
出典:www.the-body-shop.co.jp
 みなさんもよくご存知のザ・ボディショップの創業者です。彼女は世界を旅していた経験から多くの影響を受けたことが起業のきっかけでした。また、「自分の勘に従い好きなことを始めることが大事」だという名言を残しています。
3.リア・バスク
200px-Leah_Busque
出典:en.wikipedia.org
 彼女は「TaskRabbit」という家事を代行してくれるサービスを提供する会社を設立しました。バスクは夜中にとてもいいアイデアを思いつくそうです。TaskRabbitの提供するサービスの発想は日々家事に追われる女性ならではですよね。もしかしたらあなたのちょっとした発想も需要のあるビジネスかもしれません。
 
 

起業したい女性は今すぐ行動にうつそう

 dawn
 上記でお話ししたように、女性の起業には男性とは違ったメリットやデメリットがありますが、それほど女性の起業は難しいものではありません。子育てや家事をしているからこそ面白い発想ができたり、活かせるスキルが女性にはあるのです。もし何か起業したいとあなたが思っているのなら、是非行動に移してみてください!
 

おすすめの記事