2015年7月15日、株式会社イノベーションは、株式会社日経BPと株式会社リンクアンドモチベーションから総額約1億3,000万円の資金調達を実施した。
今回の資金調達により、イノベーションは更なる経営基盤の強化を図ると共に、「ITトレンド」「BIZトレンド」「リストファインダー」の3つのサービスを強化する見込み。欧米諸国に遅れをとる日本の「法人営業の効率化」を支援し、国内企業の生産性の向上を目指す。

ライターの視点

スクリーンショット 2015-07-27 18.31.37
出典:http://www.innovation.co.jp/service/mediam.html
 
株式会社イノベーションは、掲載製品数日本最大級のIT製品比較メディア「ITトレンド」や、管理部門を対象としたアウトソーシングサービス比較メディア「BIZトレンド」を運営している。
「ITトレンド」とは、IT製品の比較や検討を行い、無料で資料請求やお問合せなどができるWebサイトである。
簡潔に言うならば、IT関連のショッピングサイトである。
また、「BIZトレンド」とは、企業の人事・総務・マーケティングなどの担当者が各種サービスの比較・検討を行い、資料請求やお問い合わせができるWebサイトである。
「ITトレンド」と「BIZトレンド」での、掲載企業にとっての価値は、お問合せや資料請求が発生した際に課金される「成果報酬型」にて掲載可能な点や、検索ユーザーからの問合せが多く、導入検討率が高い点、充実したサポート体制が挙げられる。
スクリーンショット 2015-07-27 18.34.50
出典:http://promote.list-finder.jp
 
その他にも有望商談を発掘することを目的とし、個人情報保護法に則した上でWebサイトにアクセスした企業名と個人名が分かるサービス「リストファインダー」を提供している。

「リストファインダー」で企業を解析する方法としては、アクセスのあったユーザーのIPアドレスから企業を判定し、IPアドレスと企業名を紐付けたデータベースを閲覧履歴と合わせて表示する。

また、個人を解析する方法としては一度個人にメールを送り、そのメールの中の特定のURLをクリックしたユーザーを個人として認識し、その後時間が経ってから再度サイトに来訪しても、その来訪履歴を表示するというものだ。

「リストファインダー」を利用すれば、Webサイト来訪した企業や個人へのアプローチが可能となり、営業の効率化が可能だ。
 
今回の資金調達の決め手は、株式会社イノベーションが、ネットショッピングサービスを用いて、効率的な営業支援を可能にした点だと考える。
ネットを見に来た人が将来的に商品を購入するかは明確には分からない。しかし購入の可能性は十分にある。
こういった潜在的ニーズがある層への営業アプローチを「リストファインダー」は可能にした
これらのシステムが評価され、資金調達に至ったのだろう。
 
現在はIT関連のみだが、システムの応用性があるため、これからも様々な分野で成長し続けるだろう。
今後BtoBマーケティングにおいて”イノベーション”を起こすことができるのだろうか?
その展開に期待が高まる。

会社概要

株式会社イノベーションは、「BtoBマーケティングを変革する」を使命に、BtoBに特化した営業支援、マーケティング支援事業を行っている。これらのサービスを通じて“法人営業の仕組み化と効率化”を実現し、BtoBマーケティングを変革することを目指している。
設立は2000年12月14日、本社は東京都渋谷区にあり、代表取締役社長は富田直人氏である。
 
株式会社イノベーションについて詳しく知りたい方はこちら
プレスリリースはこちら
 
<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

おすすめの記事