コネクテッドカ―とは

コネクテッドカ―という言葉を聞いたことがありますか?
LOGO_connected_728_520_70_c1_t_l
出典:agenda.euractiv.com
コネクテッドカ―は、インターネット通信機能を付加された自動車の事であり、現在CMなどでよく見かける危険予測センサーなどを搭載した車の事を言います。
GPS機能により、駐車の際に上空からの映像をナビに映し出すのもこの技術のおかげです。
インターネット通信機能を搭載し様々なデータを収集・分析することで、車の安全性を高めて事故を減らし、効率的でエコな運転をすることができるようになります。
車とインターネット接続の歴史は古く、初めてのネット接続は15年前に開発されたカーナビゲーションシステムです。
その技術は年々進化し、ただの乗り物であった車は、今や走る大きなパソコンのようなものになってきています。
各社のコネクテッドカ―の種類はこちらをご覧ください。

コネクテッドカ―の利点

一言でコネクテッドカ―といっても、その技術の種類は様々です。
今回はその代表を2つご紹介します。
 

① ナビゲーションシステム

intelligent-navigation-system-ilena
出典:www.bmwblog.com
これは昔からあるものですが、これからは最短ルートや交通状況だけでなく、燃費の良いルートなど今まで以上に様々な情報が入ってくるようになります。
これにより、更に快適な運転が可能になります。
 

② 車輌管理システム

このシステムによって、個人が保有する自動車のパフォーマンスに関する詳細な情報が提供され、そのデータが自動的に保険会社へ送られるようになります。
これにより、車輌の故障による事故が格段に減少するでしょう。

自動運転との併用

コネクテッドカ―と自動運転技術の併用が検討されています。
early-vehicle-lores
出典:eointernational.wordpress.com
コネクテッドカ―の通信技術で交通状況を瞬時に近道を調べたり、他の車との連携を取ったりすることが可能です。
また、自動運転技術はレーダーやカメラなどが他のクルマや障害物、信号などを認識して、人に代わってコンピューターが運転する技術です。
この二つが併用されることで、スマートフォンなどで事前に時間と目的地を入力するだけで家の前に無人の車が迎えに来て、無駄のない走行で時間通りに目的地まで連れて行ってくれるということが可能になります。

コネクテッドカーが実現したら

コネクテッドカーの実現は間近まで迫っており、一説によれば2020年から2030年頃には実用化されていくのではないかとも言われています。
インターネット制御による自動運転車が実現すれば、運転の困難な高齢者や障がい者も一人で車に乗ることができるようになります。
その一方で、ハッキングをされると道路を走る全ての車がハッカーの思い通りになるという危険性も秘めており、セキュリティの強化が重要視されています。
自動運転車が一般化し、事故のない世の中は来るのでしょうか。
今後の動きに注目です。

おすすめの記事