今回はIPO(新規株式公開)「第1回上場会社とは」というテーマについて、有限責任あずさ監査法人から講師をお招きし解説いただきます。

資金調達方法

スクリーンショット 2015-06-16 13.19.11

間接金融

・金融機関から資金を借り入れる

・返済義務があり、利息を支払う必要がある

 

直接金融

・株式を発行し投資家から直接資金を調達

・株式会社独自の資金調達方法

・返済義務はなく、利息を支払う必要もないが、株主に対して配当を行うことになる(配当は任意)

上場会社と非上場会社の違い

上場会社

・株式が証券取引所に上場している

株主が不特定多数となり、会社の規模が非上場会社と比較すると大きいことが多い

「所有と経営が分離」している

意思決定のスピードは、非上場会社と比較すると遅くなる傾向にある

 

非上場会社

・株式が証券取引所に上場していない

・一般的に株主は少数

「同族経営」と呼ばれ、経営権を創業一族が握っている

・意思決定の仕組みはシンプル

IPOのメリット・デメリット

◯メリット

・会社の知名度の向上と信用力の強化

資金調達の多様化、円滑化

経営管理体制の強化

 

◯デメリット

・株式の流動化に伴うM&Aリスクの増加

・四半期ごとの業績開示による業績の短期志向

・経営管理体制強化による固定費の増加

上場会社の社会的役割

スクリーンショット 2015-06-16 13.33.30

 

上場会社に求められること

安定的な収益を計上すること

・会社の情報を適時に正しく社会に公表すること

・組織的な経営が健全に実行されていること

これらのポイントについて証券取引所が上場審査を行う

 

【第2回 上場の流れと監査法人の役割】

【第3回 ショートレビュー】

おすすめの記事