創業前後にまず考えるのが、オフィスではないでしょうか。

創業時にどのようなオフィス形態があり、どのような特徴があるのか、また、それぞれのメリットとデメリットを詳しく解説します。

○創業時のオフィスタイプ
レンタルオフィス

《メリット》

初期費用が抑えられる

《デメリット》

信用性が低くなる

 

賃貸オフィス

《メリット》

金融機関などの融資の面で有利に働く

人が増えても対応できる

《デメリット》

初期費用が高い

 

SOHO

自宅をオフィスとして使用

《メリット》

予算がかからない

時間の融通がつきやすい

《デメリット》

環境の区別がつけにくい

 

コワーキング

共有部分で別の起業家と同じ空間で仕事をする

《メリット》

初期費用が抑えられる

様々な起業家との出会いがある

《デメリット》

作業スペースがとりづらい

機密保持が難しい

まとめ

スクリーンショット 2015-06-11 11.18.46

おすすめの記事