> > > Skype共同創業者ニクラス・ゼンストローム「起業とは、世間と逆を行くこと」
トレンドニュース

トレンドニュース

Skype共同創業者ニクラス・ゼンストローム「起業とは、世間と逆を行くこと」

ニクラス・ゼンストロームをご存知ですか?

Skype(スカイプ)といえば、インターネット上でネット回線を通じて顔を見ながら通話が出来るという世界中の人々との距離を縮め画期的なアイディアで世界を変えたことで有名です。

有名なコミュニケーションツールのSkypeですが、創設したニクラス・ゼンストロームについてはご存知でしょうか?

スウェーデン・ストックホルムに生まれ、Kazaa、Skypeの開発・立上げに携わり、現在はAtomicoというベンチャーキャピタル・ファンドを運営しています。

そんな、開発者でもあり起業家でもあるニクラス・ゼンストロームには、成功した起業家ならではの成功哲学があります。

今回は、ニクラス・ゼンストロームのこれまでの経歴から、起業家として必要な心構えを探っていきます。

ニクラス・ゼンストロームの生い立ちとキャリア

NZ_pic_www

出典:www.dld-conference.com

ニクラス・ゼンストロームは、教師の両親のもと1966年スウェーデン・ストックホルムに生まれ育ちました。

スウェーデン・ウプサラ大学で経営学と工学物理学の学位を取得したのちに渡米し、ミシガン大学も卒業しています。

 

大学院卒業後は、1993年に通信キャリアとして北欧を中心に展開しているTele2社へ入社し、同社でISPサービスの立ち上げなど、様々な事業開発に携わります。

そして9年後の2000年に、当時友人だったヤヌス・フリスと共に、P2Pサービスの「Kazaa」というファイル共有アプリケーションを開発・販売する会社を立ち上げました

2003年には世界で最もダウンロード数が多かったソフトウェアまで成長しましたが、アメリカの音楽映像協会から裁判を起こされた”Kazaa”は事業売却を余儀なくされることとなります。

skype-logo-open-graph

出典:www.skype.com

その後、数社の立ち上げと運営に携わったゼンストロームは、盟友フリスとともにインターネット電話サービスのSkypeを立ち上げます。

2005年には、eBayによる買収額は当時で26億ドルで、その半分以上の額を個人パフォーマンスボーナスとして契約しています。

ゼンストロームは2007年まで同社のCEOとして従事し、その間に世界のネットボイスコミュニケーションツールの代表として3億人を超えるユーザーをもつ企業へ導きます。

2011年にマイクロソフト社に買収されますが、その額は前代未聞の85億ドルとなり世間を驚かせました。

 

現在は投資会社Atmico社の経営や、妻とともに慈善事業団体の運営するなど、精力的に活動する起業家の1人です。

Skypeを創業した理由

How-to-Improve-Communication-Skills

出典:careerrocketeer.com

ニクラス・ゼンストロームの両親は教師だったため、特に起業が身近だった環境にあったわけではありません。

しかし、ニクラス・ゼンストロームは幼い頃から「自分の会社を持ちたい」という想いをずっと抱えていたようです。

その理由については、「自分が大きなことをできることを、自分と他の人に証明したかった」からだと語っています。

 

そんな起業への野心をずっと抱えていたゼンストロームがSkypeを立ち上げたのは、「お金持ちになりたい」という気持ちからではありません。

「まわりに影響を与えたい」「世界中の人々のコミュニケーション・スタイルを変えたい」ということを強く願っていました。

そういった想いから生まれたSkypeは、実際に私たちのコミュニケーションスタイルは大きく変えることとなりました。

Skype創業の背景にあった苦労

8681651088_6f4a98cc96

出典:www.dckenney.com

一見順風満帆に見えるゼンストロームの人生ですが、数々の苦労や失敗を「失敗から学ぶ」という何事にも諦めない強固な姿勢で乗り切ってきました。

Skypeのアイディアが出来上がったとき、ゼンストロームと共同創業者のフリスは、2億円の出資額確保のために走り回っていました。しかし、当時は誰もそのアイディアに興味を示さず、プレゼン先はなんと26社にのぼったそうです。

なぜなら、誰も当時インターネットで人と人とがコミュニケーションをとれる時代がくるとは信じていなかったためです。

当時を振り返り、ゼンストロームはこのように語っています。

 

Skypeを立ち上げたとき、これが大きな事業になるなんてアナリストの誰も予想していなかった。

Googleが起業されたときも、サーチエンジンのビジネスに入ることなんて全く注目されていなかった。

起業とは世間と逆を行くことなんだ。それが大変なんだけれどね

 

家族の支えやビジネスパートナーに深く感謝し、「失敗を恐れず、失敗しても次はもっとうまくやる」と考えるゼンストロームのチャレンジ精神からは、より良いサービスや世界を実現したいという熱い情熱が伝わってきます。

起業家、実業家の精神

niklaszennstromannettenante

出典:www.va.se

全く出資者が見つからず苦労していたゼンストロームとフリスですが、この革新的な事業アイディアを信じ、決して諦めず出資者探しを続けました。

結果、Skypeを正式に立ち上げる1年前の2002年に、どうにか3人の個人投資家と1社のベンチャーキャピタルから目標額である2億円の出資を取り付けたのです。

そして起業から1年後、さらに4社のベンチャーキャピタルから21億円出資を確保に成功し、同社は軌道に乗ることになります。ゼンストロームは、実業家や起業家になることについて、このように言います。

 

実業家になりたかったら、これは仕事ではなくライフスタイルになる。自分そのものなんだ。休暇なんて関係ない。

6時に帰宅なんてありえない。寝る直前までメールを書いて、朝一番にメールをチェックする。夜中に起きることもしょっちゅうだ。

しかしその分ものすごく大きな達成と喜びがあり、自分で成し遂げる事の充実感に浸るんだ

ニクラス・ゼンストローム、今後の展開

starship-technologies-delivery-robot-designboom-06-818x460

出典:www.designboom.com

2015年11月、Skypeの共同創業者であるヤヌス・フリスとアハティ・ハインラは「Starship Technologies」を起業しました。そこでは、自動配達ロボットの開発に取り組んでいます。

彼らは、ローカルな食品・商品の輸送を無料化すべく、自動運転の輸送ロボットの開発に挑戦します。

Starshipが目指すのは「様々なゼロ」。

コストや待ち時間、環境への負荷などをゼロに近づけていくというエネルギッシュな目標を掲げています。

Skype同様、実用化されるようになれば様々な場面で新しいイノベーションが起こりそうです。

ニクラス・ゼンストロームまとめ

ゼンストロームは現在ロンドンを拠点とし、ベンチャーチャピタルAtomicoのCEOを務め、30社以上のベンチャー企業へ投資、画期的なビジネスモデルを持ったベンチャーを支援しています。

個人資産は1560億円を超えるといわれ、今後も世界が注目する実業家の1人といえます。

2015年に創業したばかりの「Starship Technologies」からも目が離せません。