> > > ベンチャーへの転職ってどうなの?
トレンドニュース

トレンドニュース

ベンチャーへの転職ってどうなの?

一昔前は「働くなら大手の企業、有名な企業」といった風潮がありましたが、それはもう通用しない時代が到来しました。

最近は、ベンチャー企業の力自体が強くなってきていますし、ベンチャー企業が行っている独自の事業や方針に惹かれ、敢えてベンチャー企業への転職を目指す方も少なくないかと思います。

ただベンチャー企業への転職となると、やはり不安はつきものです。
そこでベンチャー企業へ就職・転職する場合のメリット、デメリットについて紹介していきます。

ベンチャーに転職することのメリット

まずベンチャー企業ではより濃く、幅広い仕事が行えるというメリットがあります。

大手企業の場合、人員体制が整っていますので、配属された部署内で与えられた範囲の仕事をするのが基本です。

新人や若手の場合は特に仕事内容が限定され、雑用の様な仕事が続くのも大手企業特有の風潮です。

これがベンチャーとなると、部署や職種の枠を越え、幅広く濃い仕事をすることとなります。

その分忙しくはなりますが、大手企業より濃い仕事経験や幅広い業務の知識を学べるのがベンチャーで働くことのメリットとなってきます。

早く成長したい、いずれ起業したいという方などはベンチャー企業への転職がおすすめです。

また給与面でもメリットがあります。
大手企業の場合は年功序列を導入している企業が多く、安定はしていて最終的な給与ベースは高水準にはなってきますが、若くして高給を得る事はなかなか出来ません。

これに対しベンチャー企業は成果主義を導入している企業が多く、ポテンシャルが高く成果を上げられれば若くして大金を得る事も可能になってくるメリットがあります。

またベースの基本給も高く設定している企業がベンチャーには多いです。

ベンチャーに転職することのデメリット

ベンチャー企業に転職することでのデメリットとして挙げられるのは、まず良くも悪くも独自の企業体質となっている事が多いこと。

大手企業の場合は、社内制度やインフラが整っており、一部の人間に権威が偏ったり、独特の観念が生まれる事は滅多にありません。

これがベンチャー企業となると、社内独自の観念やルールがあったり、経営者志向でワンマン体制となっている事も少なくなくありません。

企業により労働環境や社内の特性がピンキリで、悪い企業に入ってしまうと必要以上に過酷な労働を強制されたり、社外では通用しない様なスキルばかり身につくといった事も生じる可能性があります。

また成果主義が強い企業であると、それだけ成果、結果を求められてきます

能力を発揮しないと減給、時には解雇される場合もあり、常に結果を出すことに励める人間でないと死活問題になる事があります。

ベンチャーへの転職の注意点

ベンチャーへ転職の際に注意する事としては、上でもあげた企業の体質にも注意しなければなりませんが、加えて事業内容についてもよく考慮する事が大切です。

ベンチャー企業は一つの事業、サービスに特化している企業が多く、幅広い仕事は出来るものの扱う分野は限定されてきます。

多岐の事業を展開している大手企業ですと、途中で事業部や職種を会社内で方向転換する事は可能な場合もありますが、ベンチャーに勤めてしまうと一点集中となり、その事業に関する経験を積んでいく事となります。

よって、転職しようと思っているベンチャーが扱っている事業に本当に関心があるか、その事業で得られるスキルは自身のキャリアに一致しているのかをよく考えて、転職を検討するのが良いかと思います。

まとめ

ベンチャー企業には大手企業と比較してこの様なメリット、デメリットがあります。

何が良いか悪いかも、仕事感、キャリア目標などで人それぞれ変わってきますので、自分の特性、考えを良く見直した上でベンチャー企業と向かい合うのが良いでしょう。