> > > 海外で起業した日本人はこんなにいる!注目のサムライ起業家10選
トレンドニュース

トレンドニュース

海外で起業した日本人はこんなにいる!注目のサムライ起業家10選

日本人の海外起業

日本でも起業家を志す人を支援する環境が少しずつ整備されてきていますが、アメリカなどの起業先進国と比較すると脆弱であることは明らかです。

そんな中、日本を飛び出して海外で起業する日本人が近年話題になっています。

意外にも、アメリカなどの先進国以外での起業を試み、その地で成功を収めている方も多くいます。

今回は、その中から10人の”若きサムライ”を見ていきましょう。

【アメリカ】Anyperk 福山太郎氏

ph01

出典:business.nikkeibp.co.jp

「シリコンバレーのスタートアップで一番有名な日本人」

そう言っても過言ではないのが、Anyperkの福山太郎氏です。

 

サンフランシスコで創業したAnyperk社は、新興企業向けに社員の福利厚生サービスを展開する企業として、2012年に誕生しました。

社員1人あたり月約10米ドルを企業が支払うと、社員はケーブルテレビや携帯電話などの割引サービスを受けられます。

このサービスが評判となり、小規模のスタートアップ企業からピンタレストのような著名な企業まで、多くの新興企業がAnyperk社のサービスを導入しています。

 

創業からわずか3年足らずで1000社以上の顧客企業を抱え、この分野では最大のシェアを誇っています。世界で最も革新的な企業TOP50にも選ばれているAnyperkは、大きな注目を浴びている企業です。

【メキシコ】ENVROY MENIKA 北尾崇氏

12376495_929651143791404_349984206719368253_n

出典:ja-jp.facebook.com

メキシコで起業した北尾崇氏は、現在3つの仕事を手がけています。

 

大阪大学に通う北尾氏は、CVSという団体が主催するビジネスコンテストで優勝した結果、資金や人材の確保に成功しました。そこで、メキシコで除菌や消臭に関わるビジネスを始めたのです。

 

そして、この背景にあったのは、メキシコの衛生問題だと語っています。

衛生問題が深刻なメキシコでは、インフルエンザなどの蔓延で、多くの方々が命を落とします。

マスクを付ける習慣の無いメキシコで、マスクを使わずに抗菌・除菌ができる製品を開発販売する会社を創業した北尾氏は、この会社を起動に乗せることに成功しました。

 

そして、前述したように、北尾氏はこれ以外にも2つのことをやっています。

1つはサイバーエージェント社の関連企業であるCyber Agent Venturesのアソシエイツとして、シード投資部門での勤務。そしてもう1つは、CVS Leadership InstituteというNPO団体の役員です。

これらの3つの仕事を全うし、活躍を続ける北尾氏に、今後も要注目です。

【ブラジル】池崎商会 池崎博文

IMGP4446

出典:heartofjapan.jp

3歳の時にブラジルへ渡った池崎博文氏は、裸一貫から化粧品と美容院用美容機器販売を行う池崎商会を業界最大手までに育て上げました

 

農業を営んでいた両親の反対を押し切りサンパウロに辿り着いた池崎氏は、まずはクリーニング屋の見習いの職を得ます。

そこでお金を貯めた池崎氏は、クリーニング店を買い取り、最新の設備を投入しました。

最新の設備を入れてサービスを提供する池崎氏のアイデアは、近隣の顧客に受け入れ、その地域で一番のお店へと成長していきました。

 

そこからは、クリーニング屋が使う薬品の販売を開始し、なんと今ではブラジルでの取り扱いの90%を池崎商会が販売するまでになっています。

さらに、池崎氏はそこで止まることなく、「何でも一番になるんだ」という強い意志のもと、美容院業界へ進出し、会社を大きくしていきました。

 

「何でも一生懸命やっていれば、その先には成功の道がある」という池崎氏の言葉を体現している方です。

【中国】北京ログラス 山本達郎氏

ceo_photo03

出典:www.logras.jp

日本人が成功することが難しいと言われる中国で、サイト制作・検索エンジン広告・アフェリエイト広告等の事業を行う北京ログラスを率いる山本達郎氏は、中国で成功した日本人の1人です。

 

大学時代から学習塾を運営していた山本氏は、大学卒業後、北京言語大学、カルフォルニア大学への留学を経て、2006年に北京でインターネットベンチャー・北京ログラスを立ち上げました。

日経企業が中国に進出する際、アカウントの運営サポートなどを行い、会社は順調に発展していきました。

 

日中関係が悪化して、ビジネス環境が厳しくなった時期もありましたが、日中関係は切っても切れない隣人同士という思いを持ち、乗り切ったといいます。

山本氏は、2011年には中国に勝った日本人100人にも選ばれています。

【韓国】合同会社ソウルジャパンメディア 田中政道氏

20160105183749

出典:www.suzutaro.net

対日感情があまり良好でない国でも、日本人起業家は活躍しています。韓国へ進出する企業の支援コンサルティング会社・合同会社ソウルジャパンメディアを率いる田中正道氏もその1人です。

 

2012年にソウルで起業した田中氏は、異国で自ら体験した困難な経験をもとに、韓国に進出する企業のサポート業務に尽力しています。

そこでは、法人設立サポートから携帯販売のオンラインショップまで幅広いコンテンツを揃えており、ワンストップ型のサイトを展開しています。

 

生活に密接したサービスを提供するソウルジャパンメディアは、顧客から見ると非常に親しみを感じやすい企業だといえます。

1 2