素人でも動画広告ができる?

gf01a201502080400
出典:free-photos.gatag.net
SNSの普及に伴い、急速に拡大してきている動画広告。動画ならより多くの情報を、よりダイナミックに伝えることができます。
あなたは、プロダクトやサービスを宣伝したい時、動画での広告をやってみたいですか?
 
でも、PR動画をつくるのって少し難しそうに思えます。自分にそういった技術がなければ、外部に委託するか、諦めるかの二択が多いでしょう。
 
そんな時、もし3ステップで動画が作れるサービスがあれば利用したいですよね。
それを可能にするサービスが存在します。それが、株式会社フレイ・スリーの提供する「1 ROLL for Business」です。
 
今回は、3ステップでプロレベルの動画が作れる「1 ROLL for Business」について紹介します。

1 ROLL for Businessとは

6_3ステップマニュアル
出典:1roll.jp
1 ROLL for Businessとは、株式会社フレイ・スリーが提供する動画編集サービス、アプリケーションのことです。1 ROLL for Businessはビジネスシーン向けに作られています。
 
1 ROLL for Businessで動画をつくる手順は、3ステップです。
 
STEP1 プロの映像作家が監修したテンプレートの中から、使いたいものを選ぶ
STEP2 ガイドに沿って撮影
STEP3 公開先を選んで、公開スタート
 
これは素人でもできそうな気がしますね。
フレイ・スリーと契約し、AppStoreからアプリをダウンロードすれば準備完了。あなたのスマートフォンでプロ顔負けの動画制作を始めることができます。
 
こんな簡単に動画が作れてしまう鍵となるのは、豊富なテンプレートです。
業種別で、500以上の動画テンプレートが用意されており、そのすべてが専門家に監修されています。フレイ・スリーの母体会社であるピラミッドフィルムは長年CM制作に携わっており、その経験が活かされているのでしょう。
ユーザーは、この中から自分に合ったテンプレートを選び、ガイドに教えてもらいながら撮影することで、プロとそん色ないるのです。
 
さらに、スタッフを派遣しての撮影サポートや、自社オリジナルの動画、動画テンプレートの作成にも対応しています。自社オリジナルのテンプレートをつくってもらえば、その会社らしさを出しながら、低コストでたくさんの広告動画をつくることもできます。
 
ちなみに、アマゾン ジャパン株式会社も1 ROLL for Businessを採用しています。数多ある動画制作サービスの中、1 ROLL for Businessが選ばれた理由とは何だったのでしょうか。
その秘密は、1 ROLL for Businessの「シンプルさ」にありました。

どうして1 ROLL for Businessがいいのか

main-image
出典:1roll.jp
アマゾンジャパンのウェブプロデューサー、金津朋幸氏は、1 ROLL for Businessの「シンプル」を追求する考え方に共感したと言います。というのも、Amazonのリーダーシップ理念の1つ「あらたな方法を模索し、簡略を図る」という意味のものがあり、Amazonの商品ページもシンプルなものを目指しています。結果、アマゾンジャパンは1 ROLL for Businessを採用しました。
 
1 ROLL for Businessのテンプレートは、15秒、30秒、45秒など、動画時間が固定されています。また、3ステップで伝える、など伝達順序も決まっています。ある意味では、他の動画サービスより自由度が少ないようにも思えます。
 
しかし、これらのテンプレートはプロによってつくられたものです。時間も伝え方も最適化されているテンプレートなのです。つまり、あなたは時間や伝え方について悩むことなく、商品の宣伝に集中することができます。
 
これが、1 ROLL for Businessの強みである「シンプルさ」なのです。
 

動画広告をはじめてみよう!

3ステップのお手軽さと洗練されたシンプルフォーマット。あとは、あなたの商品と強い想いがあれば動画広告をつくることができてしまいます。
 
制作自体は簡単なので、どんな風に撮影するか、どんなメッセージを込めるかなど、自分なりの工夫に時間をかけましょう。
 
どうですか? ワクワクしませんか?
さあ、プロレベルの動画づくり、はじめましょう。

おすすめの記事