不景気な時、収入が落ち込んでしまった・・・さあ、どーする!?
ビジネスに浮き沈みはつきものです。赤字の年もあるでしょう。でも、大丈夫! 青色申告なら、赤字が出たらその損失を翌年以降に繰り越しをすることができます。
所得が赤字になった場合、青色申告者はその純損失を翌年以降(3年まで)に繰り越したり、前年に繰り戻したりすることでプラスの所得と差し引くことができるのです。景気の幅が大きくて、所得が安定していなくても心配いりません。
また、赤字の年、極端に収入が減り、社会保険料の支払いも厳しくなってしまった・・・という時は、社会保険の納付書の裏面をチェックしましょう。申告後、還付金が返還されることもあります。申告の際に確認し、詳細は役所の年金課で尋ねてください。
収入の大半を占めていた取引会社が倒産したなど、不可抗力の際は社会保険料が減額されることもあります。ただし、黙っていては行われません。しかるべき措置をとりましょう。
どうして良いかわからない方には「確定申告代行サービス」というシステムがおすすめです。

おすすめの記事