> > > 確定申告シーズン到来!おさえたいポイント①〜青色か白色か決めよう!
トレンドニュース

トレンドニュース

確定申告シーズン到来!おさえたいポイント①〜青色か白色か決めよう!

今年も確定申告の季節がやってきました。自営業者や個人事業主にとっては、頭が痛い時期ですね。
今年は初めて申告する! というビギナーの方もいらっしゃるでしょう。
そこで、確定申告についておさえておきたいポイントをシリーズでご紹介いたします。

確定申告ってスルーやパスできないの!?

確定申告は国民の義務です。その年の納税額が決定するために、前年の1月1日から12月31日までの計算を行い、今年の2月16日から3月15日までに申告する必要があります。
「うちは儲かってないからいいや、今年はパス」なんて思っている人はNGです。確定申告は儲かっている or いない、開業届けを出している or 出していないに関わらず行わなければいけません。

あなたはどちら?青色or白色?

申告の方法には2通りあります。それが「青色申告」と「白色申告」と言われるもの。そもそも「青色」、「白色」って何なのでしょう?

青色申告とは、「簡易簿記、あるいは複式簿記のルールに従って帳簿を記載し、税金を計算し申告すること」です。青色の申告用紙を使用して申告することからこの名称になったようですが、平成13年以降の所得税申告書は青色ではなくなり、呼称だけが残りました。
白色申告は「それ以外の申告」であり、決算書の作成や記帳義務はありません。

では、どちらがいいのでしょう?
納税額の控除という点では青色の方が断然いいでしょう。ただし、会計の知識が乏しかったり、収入が300万円以下であれば、白色で申告することが多いようです。従って、税務署からの信頼度も青色の方があると言えます。

知識が乏しいだけで・・・あるいは、きちんと帳簿を管理するのが面倒だから「白色」で申告してしまい、その結果、控除が受けにくくなる・・・なんて損な気がしませんか?

これを機にじっくり申告について勉強してみるのもいいかもしれませんが、今年は時間がもうあまりありません。そんな方には、「確定申告代行サービス」がおすすめです。プロに任せるのもアイデアです。問い合わせしてみるのもいかがでしょう。