> > > アイデア発想の壁を越えろ!”無限ぷちぷち”を生み出した「しりとりゲーム法」
マーケティング

マーケティング

アイデア発想の壁を越えろ!”無限ぷちぷち”を生み出した「しりとりゲーム法」

 あなたはどうやってアイデアを発想している?

no-translate-detected_1012-193

あなたは毎日新しいことを考えていますか?日々おもしろいアイデアを思いついていますか?

アイデアを発想することは一見簡単そうに思えますが、意外と難しいですよね。

どうしても今までの自分の頭の中の考えや、物事の見方に囚われてしまうことで、同じような発想ばかりしてしまうことってありませんか?

 

そんなあなたに向けて、今回は高橋晋平氏の考える、アイデア発想の壁を乗り越える新しい発想法をご紹介します。

“無限プチプチ”を発明した高橋晋平氏とは

09d588cb08476c641b065cdc6bf5227c

出典:www.ted.com

“無限プチプチ”をご存知ですか?今回ご紹介する人物は、“無限プチプチ”の発明家、高橋晋平氏です。

高橋氏は、現在株式会社ウサギ代表取締役とアイデア・コークリエーターを兼任し、TED x Tokyo 2013での登壇や、『アイデアが枯れない頭のつくり方』の出版など、多岐にわたりご活躍されています。

 

高橋氏は秋田生まれで、地元の高校を卒業後、東北大学工学部に入学します。

2004年大学院卒業後には、大手おもちゃメーカーである株式会社バンダイへ入社しました。

入社前からアイデアマンであった高橋氏は、斬新で面白いおもちゃを作りたいという夢を抱いて入社します。

 

しかし現実はそう甘いものではなく、上司からは日々データの分析と、分析に沿った商品の開発が求められました。

アイデアマンであった高橋氏はもちろんそのことに対して違和感を覚え、出てくるアイデアは既存商品と似た物ばかり。

 

それが嫌になってしまった彼は新しい発想法を思いつきます。

新発想法「しりとりゲーム法」

74281cb2e74db24c25a879ee2b78795b4

出典:www.ted.com

新しいおもちゃを作ることを夢見ておもちゃメーカーで働く高橋氏。

しかし上手くいかない日々。

そんな時に高橋氏が考案した発想法が「しりとりゲーム法」なのです。

 

この発想法のやり方は簡単で、しりとりをして出てきたそれぞれの単語と“おもちゃ”を掛け合わせて新しいアイデアを生み出すといったものです。

高橋氏は、生まれるアイデアの大半がくだらないものではあるけど、それがとても面白く、わくわくする未来を作ることができるアイデアでもあると言います。

 

この発想法をもとに、高橋氏は日本で多くのおもちゃを発明しました。

高橋氏の代表作と言えばこちらです。

31cSFOxkYwL._AC_UL130_

出典:www.amazon.co.jp

先ほども軽く触れましたが、この商品は国内外累計325万個の販売をし、第一回おもちゃ大賞を受賞した“無限プチプチ”です。

この商品以外にも、“無限エダマメ”や、高橋氏自身の名前が商品名となっている“瞬間決着ゲームシンペイ”など、数え切れないほどのおもちゃと、そのわくわくを生み出しました。

わくわくが創る新しい未来

 no-translate-detected_1232-916

この「しりとりゲーム法」と称した、単語と単語の組み合わせである新たな発想法は、今まで見たこともない斬新で面白いアイデアを生み出してくれます。

そして、そんな斬新なアイデアこそが、私たちの想像しない新しい未来を創りだしてくれるのです。

あなたもアイデアに行き詰まった時、高橋氏の「しりとりゲーム法」でわくわくするものを考えてみてはどうでしょうか。

株式会社アントレプレナーファクトリー
インターン

Mio Hironaka

立命館大学経営学部の現役学生。 とにかく誰かの笑顔を見ることが好きで、それが生きがいになっている。 笑顔を見るために、留学生支援の活動に夢中になっている。 人を笑顔にし続けているせいか、彼女自身も常に笑顔で、インターン生の太陽のような存在。 サービスオペレーションにも興味を持ち、留学生支援の傍ら、研究を続けている。

このオーサーに問い合わせする

お問合せ

タイアップ・広告・取材依頼について

NEWS
INTERVIEW
COLLEGE
新着記事
月間閲覧数ランキング
  • すべてのビジネスパーソンに、アントレプレナーシップを。株式会社アントレプレナーファクトリー
  • enfactv