> > > ゲーム特化型クラウドファンディングサービスのグーパ、セガネットワークスなどを引受先とする第三者割当増資を実施
資金調達プレスリリース

資金調達プレスリリース

ゲーム特化型クラウドファンディングサービスのグーパ、セガネットワークスなどを引受先とする第三者割当増資を実施

9月25日、ゲーム特化型クラウドファンディングサービスのグーパ株式会社は、セガネットワークスと株式会社フジ・スタートアップ・ベンチャーズを引受先とする第三者割当増資を実施した。調達額は不明。

グーパが運営する「Criwdrive(以下、クラウドライブ)」はゲームクリエイターとゲームファンをつなげるクラウドファンディングサービスである。クリエイターのアイデアが公開され、共感したファンが小口で出資し、見返りとして成果物やサービスの提供を受けることができる。会社の設立は2011年、本社は東京都台東区にあり、代表取締役は平皓瑛氏である。

サービスの開始は10月下旬であり、それまでに良いクリエイターをどのように集めるのか非常に気になるところではあるが、国内コンテンツを海外市場に販売するウィンクラー・オイア社との戦略提携によって、単なる資金調達・テストマーケティングの場だけではなく、その後のユーザーのコンテンツの拡散もサポートしている点が非常に評価できる。ワンストップの価値が高まったビジネスモデルとして良い例だと思う。今後の成長を期待したい。

調達総額(円) 不明
調達方法 第三者割当増資
会社名 グーパ株式会社
URL http://www.goopa.co.jp/info/pressrelease20140925/