> > > ベガコーポレーション・浮城代表:国内外から家具が買えるECサイトを運営「家具で起業する」と決断したきっかけ【前編】 
IPOまでの道のり

IPOまでの道のり

ベガコーポレーション・浮城代表:国内外から家具が買えるECサイトを運営「家具で起業する」と決断したきっかけ【前編】 

今回のインタビューは、株式会社ベガコーポレーション 代表取締役社長 浮城智和さんに「事業内容」「生まれてから起業するまで」についてお話を伺いました。

【経歴】

1976年福岡県北九州市生まれ。九州国際大学経済学部卒業。家具の商社で営業経験を積み、独立。2004年 (有) ベガコーポレーション設立。

事業内容

我々は福岡に本社をおきまして、国内で家具のインターネット通信販売事業を行っています。昨年からインバウンド市場の増加に伴い、国内から海外に直送する際の越境ECサイトもテスト的に始めています。

人生の折れ線グラフ

福岡県北九州市の生まれで、普通に公立の小学校、中学校に行きまして、金銭的には苦労もなく育ててもらいました。小学校2年生から野球を始めて、中学まではずっと野球部で、野球に明け暮れていました。

小学校時代は、学級委員などをしながら、リーダーシップをとっていく、負けず嫌いなところは、昔からあったのかなという気はします。中学ぐらいからは、勉強があんまり好きではなかったので、遊びに走ってしまいました。中三になり高校の受験のために塾に行かないといけないということで、塾に行きましたが、3カ月しか続かず、結局地元の普通校に進学しました。

10代は勉強よりも遊びに夢中になっており、その流れのまま大学も進学しましたが、そんなにいい大学に行くこともできず、大学もほとんど行かず、ひたすらバイトに明け暮れていました。

19歳ぐらいでアルバイトを重ねているときに、労働収入による所得の限界を感じて、そうすると士業的なものか、会社経営をするのか、どちらかしかないと思うようになりました。私の場合、就職先もないので、そのあたりから起業を意識して、大学にいるときに就職活動は特にせず、いろんな会社を経験しながら、どの業種で独立すべきかを経験しようと思い、過ごしておりました。

私の前職で、4社目ぐらいですが、家具の販売の会社に、時間給でしたがお世話になったことがありました。eコマース市場が非常に伸びているときで、家具業界と、伸び盛りのインターネット、eコマース事業をミックスしてはどうか、という経緯で会社を設立しました。

(インタビュアー:嶋内秀之、撮影者:池田貴之)