> > > スマートキャンプ・古橋智史代表「企業の資料をクリエイティブに」日本最大の営業資料掲載サイトを目指すBoxil《後編》
起業の決断

起業の決断

スマートキャンプ・古橋智史代表「企業の資料をクリエイティブに」日本最大の営業資料掲載サイトを目指すBoxil《後編》

今回は、スマートキャンプ株式会社代表取締役の古橋智史さんに、「組織」をテーマにお話をうかがいました。

(インタビュアー:菅野雄太、撮影者:高田梨菜)

経歴
1988年生まれの27歳。立教大学卒
2011年 みずほ銀行入社
2012年 株式会社Speee入社
SEOサービスの新規開拓営業にて年間売上1億円を達成
その後株式会社ネットマイルにて事業立ち上げを経験
2014年 6月 スマートキャンプ株式会社設立
資金調達の背景

資金調達をしたのは、新サービスのボクシルを開発するにあたって、開発の資金というところとマーケティングの部分でニーズがあったからです。

採用で重視するポイント

僕らはまだまだやっぱりベンチャーなので、主体性を持って、ビジネスにおいて問題意識を持っている人たちと一緒に課題解決していけるような組織にしていきたいと思っています。

現社員の共通点

現場で働いている社員は割と真面目で愚直にやるようなタイプが多くて、ボードメンバーはかなり勢いのあるメンバーでやっているという感じです。

成長スピードを高めるために

責任感をどれだけ持てるかによって成長の角度は変わるかなと思っていて、なるべく早いタイミングでいろんなことを任せて、そこで失敗も成功も経験して、それを糧にしていけるような成長サイクルを上手く作れるような組織にしていきたいと思っています。

入社してすぐに新しいことをやってもらったり、本来教育をかけたほうがいい部分をあえてやらせることによって、自分で考える時間が増えるので、うまくいって成長するというイメージです。

今後の採用について

現時点ではやっぱりビジネスの経験がある方のほうが事業を早く進める上ではいいと思っているので中途採用に力を入れています。

将来的にはもちろん新卒も増やしていきたいと思っています。

 

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

1 2

お問合せ

タイアップ・広告・取材依頼について

NEWS
INTERVIEW
COLLEGE
新着記事
月間閲覧数ランキング
  • すべてのビジネスパーソンに、アントレプレナーシップを。株式会社アントレプレナーファクトリー
  • enfactv