文房具も日々進歩しています。
中には平面(2次元)ではなく、立体(3次元)に書けるペンもあるって知っていましたか?
今回は、持っていれば、注目されるおススメ文房具(ペン編)をご紹介いたします。

キーホルダーとして持ち運べるペン:EDC Ink

EDC_Ink
EDC Inkは、キーホルダーやバッグにつけて持ち運びできるペンです。
写真を見てわかるように、ペンだとわかりにくいほどオシャレです。
しかも、高品質で丈夫で、長持ちするようです。一度使うと、きっと手放せなくなること間違いなしです。
EDC Ink:持ち運び可能なキーホルダーペン

50年間は壊れないペン:Pen Type-A

Pen_Type-A
Pen Type-Aは304ステンレス鋼を加工して造っているペンです。
少なくとも50年間は壊れないそうです。
インクカートリッジはパイロットのHi-Tec Cを使っていて、書きやすさもあります。「50年間は壊れない」というフレーズが良いですね。
Pen Type-A|継ぎ目のない304ステンレス鋼製ペン

空中に立体物を描けるペン:POLYES Q1

detail_662_1424224383
“4万年前、人は枝を使って、洞窟に書き、2000年前、人は馬の毛を使って、竹に書き、300年前、人はインクと金属を使って、紙に書き、そしてこの2015年、人は光と液体を使って、空中に書くようになる”
先日行われたアメリカのクラウドファンディングでは1700万円の資金調達に成功しています。
日本でもMakuake限定で先行リリースが開始しています。
 光造形3Dペン:ポリエスQ1

まとめ

いかがだったでしょうか?
すでに販売しているもの、これからのものもありますが、
1つ持っているだけで「おっ」と思われること間違いなしです。
ぜひご参考にしてください。
<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

おすすめの記事