近年、「グローバル化」という言葉は分野を問わずに使われるようになりました。
また、グローバル化の流れによって「海外へ行ってみたい」「留学をしたい」と思っている学生も少なくはないと思います。
そんな学生を応援しているのが、今回紹介する「トビタテ!留学JAPAN」です。
他の留学支援と違い、どこに魅力があるのかみてみましょう。

トビタテ!留学JAPANとは

スクリーンショット 2015-07-13 10.10.28
出典:http://www.tobitate.mext.go.jp/index.html
 
「トビタテ!留学JAPAN」とは、政府だけでなく民間企業などの支援により、官民協働のもと社会総がかりで取り組む「留学促進キャンペーン」です。
東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年までに大学生の海外留学12万人(現状6万人)、高校生の海外留学6万人(現状3万人)へ増やすことを目指しています。
その主な取り組みのひとつとして「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」が2014年から始まりました。

日本代表プログラムとは

スクリーンショット 2015-07-13 10.45.15
出典:http://www.tobitate.mext.go.jp/program/program/index.html
 
日本代表プログラムには5つのコースがあります。
5つのコースには、「理系、複合・融合系人材コース」「新興国コース」「世界トップレベル大学等コース」「多様人材コース」「地域人材コース」があります。それぞれ以下のような内容になっています。
 
「理系、複合・融合系人材コース」
インフラ整備など理系、複合・融合系分野での留学
「新興国コース」
経済成長が期待される新興国での留学
「世界トップレベル大学等コース」
世界大学ランキングで100位以内の大学や研究機関での留学
「多様人材コース」
スポーツ・ボランティアなど様々な活動において今後期待させる人材の留学
「地域人材コース」
将来的に地域の発展に貢献したい学生を対象にした留学

プログラムの魅力

留学と聞くと語学だけと思う方も多いのではないのでしょうか?
しかし、日本代表プログラムでは留学だけではなく、インターンシップやボランティアなどの活動を支援していています。
また、返金の必要が無い手厚い支援もあります。
この支援は、月学最大20万円の奨学金や、渡航費、授業料が規程の額内で給付されます。
他にも、学生が自分の目標を実現するための留学プランを設計したり、独自のグローバル人材育成コミュニティーも用意されています。
このように、日本代表プログラムは、他にはない留学プログラムになっています。

まとめ

留学と言えば語学留学と思いがちですが、「トビタテ!留学JAPAN」を利用すれば、語学だけではなく自分の関心のある分野での活動を通し、その分野の視野も広げることができるのです。
学生にとって海外へ行くことは、多額の費用がかかってしまったり、安全面や健康面における不安も数多く存在します。
そんな学生に、手厚い支援や研修が充実している「トビタテ!留学JAPAN」はオススメです。
7月から10月まで第4期募集が行われているので、留学を考えている学生は応募してみてはいかがでしょうか?
 
「トビタテ!留学JAPAN」について詳しく知りたい方はこちら
 
<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

おすすめの記事