「自分でアパレルブランドを立ち上げたい!」という夢を抱いている方は多いのではないでしょうか?
アパレルブランドを立ち上げるには服を作る必要がありますが、技術や知識を持っていなかったり、大量生産する資金がなかったりという問題があると思います。
今回はそんな悩みを解決し、アパレルブランドの立ち上げをサポートしてくれる『STARted(スターテッド)』をご紹介します。

『STARted(スターテッド)』とは?

『STARted』は、ECやファッション系WEBサービスを展開している株式会社バンダースナッチが運営する、個人のアパレルブランド立ち上げを支援するサービスです。

アパレルの世界は数千・数百という生産数が当たり前の世界なので、なかなか個人で参入するのは難しいという問題がありました。
服作りの専門知識と、数百万の資金の両方が必要だと言われていたアパレルブランドの立ち上げですが、「IT×ファッション」の技術を組み合わせた『STARted』では、個人が用意できる予算からブランドを立ち上げる事が可能になっています。
コンセプトとアイデアをつめこんだイラストをアップロードすれば、服ができるという画期的なサービスです。
『STARted』の使い方と料金

aboutPic
出典:https://started.jp/about
 
『STARted』を使えば、以下の3ステップで簡単に服を作ることができます。
【STEP1】どんなブランドを作るかを考える
【STEP2】イラストを描いてアップロード
【STEP3】サンプルを作る
 
一般的なアパレルブランドの立ち上げ費用は300~1000万円くらいかかるそうですが、ここでは10万円からブランドを立ち上げることができます。
料金プランとしては、標準コース(10万円〜)プレミアムコース(15万円〜)こだわりコース(20万円〜)の3つがあり、作成する製品の種類によって自動的に決定されます。
また、服を作ること以外にも裁縫だけの受託も承っており「アパレル工場」としても利用することができます。

『STARted』でできること

『STARted』ではできることが4つあります。
①イラストから服ができる
②個人が用意できる予算で生産できる
③ブランドページを設置して販売できる
④ブランドファンを集めることができる
スクリーンショット 2015-07-30 11.04.57
出典:https://started.jp
 
服を作成したのち、『STARted』のサイト上でブランドページを設置することができます。
服に興味がある人が集まるサイト上でプロモーションをすることが可能なため、遡及効果は大きいと考えられます。
また、商品の紹介だけではなく作成に至った背景や意図なども掲載することができ、共感という部分でファンが得られやすいという利点があります。

まとめ

アパレルブランドを立ち上げたくてもどう動いていいのかが分からずに困っていた方も、この『STARted』を使えば簡単に安価で自分がイメージする洋服を作ることができます。
ご自身の夢を叶えるための第一歩として、利用してみてはいかがでしょうか?
 
『STARted』について詳しく知りたい方はこちら

おすすめの記事