> > > 娘の試験が心配、ある父親が取った行動が看護学生向け教育プラットフォームを生み出す
トレンドニュース

トレンドニュース

娘の試験が心配、ある父親が取った行動が看護学生向け教育プラットフォームを生み出す

看護師需要増大の背景

現在、飛躍的に増えている大学の学部・学科がありますが、皆さんは何系の学部・学科を思い浮かべるでしょうか?国際系、コミュニケ―ション系など、近年になってよく聞くようになった学部・学科を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、答えは古い歴史のある看護系の学部・学科です。

 

1991年には11大学しか看護系の学部・学科はありませんでしたが、2014年には何と224校まで増えています。入学定員の数は558人から約2万人まで増えており、専門学校だけではなく、大学で学んで看護師になるルートが確立されたと言えます。

 

日本の看護師試験の合格率は例年90%程度と、国家試験の中では高い合格率を誇っているのは、大学等での教育制度がしっかりしているからです。一方、アメリカでは一回で看護師試験を突破出来る受験者は約半数です。比較的難関なアメリカの看護師試験に特化した教材を提供するスタートアップが注目を集めています。今回はnurseVersity社をご紹介します。

娘の進路に悩む父親の苦悩から

nurse

出典:www.nurseversity.com

インディアナポリスに住んでいたTony Leonard氏は、どこにでもいる父親でした。Leonard氏には大きな悩みがありました。25歳の長女は看護学校に通っていましたが、看護師試験に合格出来るか不安な点でした。

 

娘のことが心配なLeonard氏は、看護師試験について調べます。毎年全米で50万人が看護師試験に臨みますが、約半数は1回目の試験で不合格となってしまう事実を知ったLeonard氏の不安は深くなります。さらに看護師学校を卒業しても、看護師の資格が取れない人が200-300万人もいることにLeonard氏は衝撃を受けます。

 

娘に話を聞くと、看護師試験に役立つ教材が少ないということが判明します。Leonard氏は、それならば自分で看護師試験に特化した教育プラットフォームを作成すれば良いと考えたのでした。

問題は全て受験経験者が作成

nurse2

出典:www.nurseversity.com

Leonard氏は、2014年にnurseVersity社に立ち上げます。看護師試験に合格することだけにフォーカスした教育プラットフォームを作成します。主に試験問題、暗記カード、授業ビデオなどを提供します。

 

nurseVersity社の一番の特徴は、提供する全ての教材は過去に看護師試験を受験した人々によって作られたものという点です。過去、自分が試験を受けて大切だと思う点を挙げて、それをプロである看護教育者が監修してユーザーに提供します。

 

Leonard氏は、看護師試験は80点以上取れば合格で、満点を取る必要はないと言います。いかに80点を取れるようにするかが、自分達の役目であるとコメントしています。

 

またユーザーが各自のスキルやスケジュールに合わせて、教材を使えるように工夫している点も、人気を得ている理由だとLeonard氏は解説します。看護師試験日をゴールとして、毎日何を行うかをパーソナライズしたカレンダーを作成出来る機能もあります。

合格を保障?自信の教材

nurseVersity社のホームページを見ると、一回目の看護師試験で合格を保障すると言う文字が目に飛び込んできますが、同社がいかに自社の教材に自信を持っているかが分かります。

 

億万長者でアントレプレナーのTodd Wagner氏が開催するイノベーション大会で、nurseVersity社は優勝します。賞金US$1万(約115万円)を手にしたLeonard氏は、自分のビジネスに強い自信を持ちます。

 

2015年にはUS$12.5万(約1500万円)の資金調達に成功します。競合者が余り存在せず、潜在的なユーザーがたくさん存在するnurseVersity社の今後の成長に期待です。