> > > wizpra代表・今西良光代表:「知見の深い人と出会うことが大切」2.3億円の資金調達を振り返る
起業の決断

起業の決断

wizpra代表・今西良光代表:「知見の深い人と出会うことが大切」2.3億円の資金調達を振り返る

今回は、株式会社wizpraの代表取締役社長である今西良光氏にお話を伺いました。

(インタビュアー:菅野雄太、撮影者:高田梨菜)

経歴

大学卒業後、日立製作所に入社。官公庁向けにITソリューションおよびシステムコンサルティングサービスの提案営業を実施。2010年に株式会社ファーストリテイリングに入社。店舗のマネジメント業務に従事。同社退職後、2013年3月に株式会社wizpraを創業。

顧客体験と従業員体験を最大化するサービス

-御社の事業内容について教えていただけますか?

現場のサービスの改善や経営の改善を目的としていて、顧客体験と従業員体験をマネジメントしながら現場改善を行うクラウドサービスを提供しています。

現在、お客様の体験価値を向上するクラウドサービスに注力しています。類似サービスにはアンケートシステムなどがありますが、我々の特徴はお客様とのコミュニケーションツールとしてお客様を見える化できることです。

お客様の属性や趣向などを把握し、最適なコミュニケーションをワンストップで提供できるのが類似サービスとは異なります。

現場の非効率を改善したい思い

-起業のきっかけを教えていただけますか?

新卒でメーカーに入社し、その後、アパレルの店舗マネジメントをして経営を学ぶ大学院に入りました。その時のプランをブラッシュアップして起業しました。

組織の中や現場の非効率について自分が身を持って感じたことを改善したいと思い、ブラッシュアップして起業に至りました。

-世の中の問題を解決したい人はたくさんいますが、実行するための仕組み作りが難しいと思います。何か工夫をしたことはありますか?

成功している事例や仕組みを勉強しましたし、自分の足で投資家や先輩起業家に話を聞きに行きました。

-大学院に進学したことでネットワークは広がりましたか?

それも非常に大きくて、大学院時代の先生に社外監査役として入っていただいています。
先生にも後押しいただいて勉強していきました。

-NTTドコモ・ベンチャーズのプログラムに参加された経緯を教えていただけますか?

もともとプログラム(シードアクセラレーションプログラム)のことは知っていました。
同様のプログラムは他社でも行っていますが、BtoBのサービスをやろうと考えていたので、ドコモから支援を受けていると営業活動でも効いてくるかと思い、このプログラムを選びました。

-その他に得たことはありますか?

主力の事業で「wispra NPS」という顧客体験を見える化して向上させるサービスを行っています。
NPSはアメリカで非常にスタンダードなお客様満足度を図る指標ですが、日本ではまだまだ浸透していません。

ドコモの有識者セッションでNPSについて話を聞き、主力サービスの開発に繋がっています

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

次のページ >  人間関係が資金調達の鍵
1 2