> > > 弁当宅配サービスの「ごちクル」、オフィス向けECのアスクルを引受先とする第三者割当を実施
資金調達ニュース

資金調達ニュース

弁当宅配サービスの「ごちクル」、オフィス向けECのアスクルを引受先とする第三者割当を実施

7月4日、弁当宅配サービスの「ごちクル」を運営するスターフェスティバル株式会社はオフィス向けECのアスクルを引受先とする第三者割当を実施した。調達額は総額28億円。今回の資本・業務提携で「ごちくる」をアスクルのサービスとして展開すること、そして共同配送を実施することが決まっている。

「ごちクル」は関東・中部・関西・九州を中心とした有名店や隠れ名店のお弁当・ケータリングを提供する。これまでに600ブランド、6,800種以上を取り揃え、累計550万食を提供してきた。設立は2009年、本社は東京都港区の北青山にあり、代表取締役社長は岸田祐介氏である。

スターフェスティバルはサービスも面白いが、それ以上に人材育成の上手な企業としても知られている。あるインタビューでは自然とモチベーションが上がる職場作りについて語っていて、個人がやりたいことをできる環境を作ってあげることが大事だと説明している。
設立から5年で従業員数は259名。社員がついてくる仕組みについて参考になる点は多いと思われる。ぜひ参考にしてほしい。

●スターフェスティバル株式会社/プレス・リリース