> > > 視座の高さが大型調達のポイント!~動画制作プラットフォーム「Crevo」が約1億円の資金調達を実施
資金調達ニュース

資金調達ニュース

視座の高さが大型調達のポイント!~動画制作プラットフォーム「Crevo」が約1億円の資金調達を実施

2月25日、日本最大級の動画制作プラットフォーム「Crevo(クレボ)」を運営するPurpleCow株式会社※は、株式会社サイバーエージェント・ベンチャーとB Dash Ventures株式会社から資金調達を実施した。調達額は約1億円。調達した資金は人材の採用・育成の強化や広告宣伝・営業開発に充てられる見込み。
※2015年2月25日付けで社名を「Crevo株式会社」に変更している

⇒プレスリリースはコチラ

ライターの視点

動画ビジネスはしばらく注目されそうですね。

Crevoには国内外の優秀なクリエイター・ディレクターが登録していて、サービス紹介や動画広告に最適なサービスを提供しています。

クラウドソーシングなのでプロジェクト単位でチームを組み、高品質の動画を安価かつ効率的に制作することを可能にしています。

やはり、億を超える調達を実施する企業は、グローバルに事業展開しようとするところが多いですね。

“Crevo 登録クリエイターの7 割を海外のクリエイターが占めており、海外クリエイターとコラボレーションする制作フローの特長を活かし、今後アジア及びアメリカでの事業展開を予定しております”

動画市場は今後も過熱しそうです。2014年3月18日のリリース以来、Crevoの導入企業数は250社を越え、累計依頼総額が1億円を突破する見込みです。動向に注目しましょう!

会社概要

Crevoは動画を「観る・選ぶ・作る」ことができるプラットフォームを提供している。
国内外の優秀なクリエイター・ディレクターの登録が多数あり、高品質の動画を安価かつ効率的に制作することを可能にしている。
設立は2012年、本社は東京都港区にあり、代表取締役は柴田憲佑氏である。

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」