> > > ietty・小川社長:お部屋”探され”サイトの先駆者が語る、20代の働き方とは?
起業の決断

起業の決断

ietty・小川社長:お部屋”探され”サイトの先駆者が語る、20代の働き方とは?

経歴

小川 泰平
1984年島根県松江市生まれ。2006年、青山学院大学法学部卒業。住友不動産株式会社に新卒として入社。事業用地の取得、開発企画、営業企画、広告企画等に従事。

不動産業界を内側から見る中で、不動産業界の『当たり前』と、他の業界での『当たり前』の乖離を目の当たりにする。消費者第一の不動産業界を創ることを決意し、2012年2月、株式会社iettyを創業。

事業内容について お部屋探されサイト「ietty」

お部屋探されサイト「ietty」という賃貸のお部屋を探すプラットフォームを構築しています。従来型のポータルサイトと大きく違う点は、登録して待っているだけでいろんな営業マンからお部屋情報が届くサービスです。

仕組みとしては、弊社が作ったプラットフォーム上に我々のネットワークしている不動産業者が100社ほどいて、ユーザーさんの希望条件を見て、どんどんお部屋情報を送る形です。

また、LINE型のチャットがサービス上に入っていて、お部屋情報をどんどん送ってもらいながらチャットで営業マンとやりとりをして、一つのプラットフォームでお部屋探しが完結できるプラットフォームです。約3万人の方に使ってもらっています。

高校から大学までの経験

島根県松江市の、すごく田舎にある高校の出身で、基本的にまじめに勉強していた子でした。中学校~高校は遅刻も早退もない皆勤賞で、まじめに学校に通っていて、一般的な高校生活だったと思います。

大学は青山学院大学で、急に都会に出てきたこともあり、遊び始めました。ただ単位はちゃんと3年生のうちに取り終え、4年生は遊んでいました。高校までは勉強して、大学は遊んでコミュニケーション能力をつけました

卒業してからなりたい方向性 何かをやりたいというわけではなかった

当時(やりたいと思っていたことは)そんなになくて、大学4年で就活を始めました。最初に入った会社は5年で辞めると決めて入りました。何がやりたいというわけではありませんでした。

就職活動から就職について 少数先鋭が魅力的だった

実家が土建業というのもあり、建物を作ることに興味があったので、不動産業を選んで就職しました。就職活動はデベロッパー一本に絞って行いました。

住友不動産を選んだ理由は、デベロッパーは採用人数が少なく、15人位という基本的に少数先鋭の人が集まる印象があり、それが魅力的で入りました。

入ってみるとその通りの少数鮮鋭で、若手から権限移譲され、いろんな仕事をさせてもらえる環境でした。サラリーマン時代はそんなに評価も高くなかったのですが、周りを見ているとどういうところで差がつくかがわかるようになり、「愚直に仕事をすることが一番伸びる」と当時から思っていました。

与えられた環境で与えられた仕事を愚直にこなすというのが20代で、一番自分を成長させる方法なんだと実感しました。

<PR>その税理士報酬適正ですか?何人でも税理士無料紹介「税理士ドットコム」

1 2