プレゼンテーションに関して、よくありがちな誤解と、見落としがちなポイントを整理します。

また、相手に確かに「伝わる」ためのポイントも確認していきます。

プレゼンの3つの誤解

使う言葉はみんなが知っている 

専門用語を使ってしまう→相手は「知らない」と言ってくれない

沈黙が怖い 

沈黙を言葉で埋める

資料であれば空間を字や図で埋める

相手には理解する「間」が必要

情報は多い方が良い

資料も説明もシンプルなほど相手の印象に残る

「伝わる」ための3つのポイント

①相手のわかる表現をつかう!

②相手に時間(空間)を与える!

③情報は絞り込んだ方が良い!

おすすめの記事