> > > 社会人の身だしなみは常にチェックされています~女性編~
トレンドニュース

トレンドニュース

社会人の身だしなみは常にチェックされています~女性編~

社会人として、外の世界で働くということは、他人に会って仕事をするということです。
仕事ができる、うんぬんも大切ですが、他人に会うということは、外見を見られるという事です。
では、社会人のビジネスマナーとして、どういった身だしなみが大切なのかを書いていきます。

 

髪型

まず、第一に「寝癖がない。」ということが基本です。
寝起きそのままのヘアでは、汚らしい印象を与えてしまいます。
寝癖がない場合でも、洗髪を怠っていたり、ふけが目立っていたり、ボサボサ髪であったりすることももちろん不潔な印象です。
どんな髪型をしていたとしても、髪と言うのは、顔に近いところですので、一番目立ちますし、必ず見られています。清潔第一の身だしなみを心がけましょう。
そして、職業柄にもよると思いますが、その職場にあったヘアスタイルであることが望ましいです。

服装

服装についても、清潔感を第一に考えましょう。
「不潔」「臭い」「だらしない」というのは社会人のビジネスマナーとして、最悪です。
スーツにしても、何日も同じ物を続けて着たり、シャツの襟が真っ黒で、ズボン、スカートもよれよれ、シワシワではクライアントも眉をしかめるでしょう。
それは、カジュアルな服装の会社であっても同じです。

靴というのは、あまり見えないかもしれませんが、
意外と見られていることがあります。後ろ姿です。
ちょっと物を取りに行った時や、人の先を歩くときに、かかとを見られているのです。
ビジネススーツはきちんとしていても、靴のかかとが大分すり減っていたりしていませんか?グラグラと不安定なヒールの靴を履いていませんか?そして、お座敷で会食があるときなど、靴が臭っていませんか?
靴というのは、見えないようで、その女性のだらしなさがよく出てしまうものなのです。
お休みの日は、時々、靴のメンテナンスをしましょう。

化粧

ビジネスマナーとしては、普通の会社員であれば濃いめの化粧はNGです。
自分にあった肌色のファンデーションや血色の良いリップは最低限のビジネスマナーとして考え、休日用のメイクと、仕事用のメイクはしっかりわけましょう。
ノーメイクもNGです。

 身だしなみを整えることはビジネスで必須です

いかがでしたか?
社会人として、どんな職業についていても、
清潔感のある身だしなみをするのが
仕事をする上での最低限のビジネスマナーです。
明るい印象になるように、鏡の前でもう一度、自分を点検してみるのもいいですね。